FC2ブログ

岩間隠沢観音

 以前に江戸時代のつくば詣の道であった「瀬戸井街道」を紹介していた時に、この岩間(笠間市)にある隠沢(かくれざわ)観音を紹介した。(記事はこちら

しかし、その後連絡いただいて、この観音堂が無残な姿になっていると聞いていた。

桜を求めて岩間まで来たついでに様子を見ようと立寄った。

奥まった場所であるので、今では訪れる人はもともと少ないのだが、とても無残な姿になっていた。

IMG_6872s.jpg

もう桜の時期もだいぶ過ぎてしまい、この記事をUPするのもためらわれたのだが、前に紹介しているので、正しく今の姿を見ていただく方が良いと思い掲載することにした。

IMG_6873s.jpg

あまり手入れをされていないこの観音堂であるが、麓は桜並木が続くのんびりした道を鐘転山(かねころばしやま)の麓に分けいった場所にある。

この山の向こう側にギター文化館がある。

隠沢観音の入口階段を上ると、大きく屋根の崩れたお堂が見えてくる。

「これはすごいことになってるな」と思いながら上まで登る。

IMG_6874s.jpg

屋根の片側半分が大きく崩れている。
地震での倒壊ではなく、倒木によるものと聞いている。

IMG_6875s.jpg

由緒ある建物なのだが、これを修理するのも大変だろう。
確かに訪れる人が少ないのだから修理も後回しなのだろうか?
それとも所有権の問題か?

石岡八郷地区の善光寺の屋根ももう手をつけられない状態だが、こちらの隠沢観音は屋根の大きさも比較的小さいので、まだ修理できるのではないか。

IMG_6877s.jpg

IMG_6881s.jpg
(サムネルです)

この高台からきた方向を見ると、桜並木が続いていたのがわかる。
岩間の街の方向もよく見える。

IMG_6882s.jpg

ここへの入口も確かにのどかな場所で、薄暗い時などは少しばかり気味が悪いかもしれないな。
早く修理して欲しいものだ。

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ  ← よろしければクリックお願いします。

笠間方面 | コメント(4) | トラックバック(0) | 2013/04/26 20:59
コメント
No title
こんばんは。
この崩壊した御堂、結構ショッキングですねv-399由緒ある建物でしょうに。。。
修理には予算的なものもあるのでしょうが、たとえ知名度があまりないところでも、意味あって建てられたものですからちゃんと修理して欲しいですね(>_<)
茨城県って、こういうところがいけないんですよね。
ここに限らず、他でも”せっかくの建物が。。。”と思わせられるスポットをいくつも見かけます。
文化財をもっと大切にしようという気持ちを我々県民はもう少し、持った方がよいのかもしれませんね。

今回は少々、怒りのコメントになってしまいました!
すみません^^;軽く聞き流してくださいね(笑)
竹千代さん
この場所も奥まっているのと人気がないので訪れる人も今ではあまりいないようです。
歴史的に見ると大切にしなければいけないし、市の文化財としても指定されているようです。
でも市の文化財保護と観光行政はおそらくバラバラなんだと思います。

もちろんこの場所の所有者が民間なら市での修理ができないとかいうのでしょうね。
でもこれもそのぞれの行政の取り組み姿勢が問われます。
表面的には笠間は観光には熱心です。陶芸などの復興が優先されたのかもしれません。

こうしてブログに状況をのせることもまた必要なのかとも思いました。
早く修理されるといいですよね。

> 今回は少々、怒りのコメントになってしまいました!

どうぞどうぞ怒ってください!
でもここはお土産もないし人も来ないですよね。
No title
岩間は愛宕神社と六所神社が有名なのですが、隠沢観音は正直聞いたことがなかったので(国道355号沿いに小さな看板があり、それは見ていたはずなのですが)、もうかなり前から寂れていたと思います。

私の思いつくところでは、つくば市豊浦の蚕影神社とか石岡市志筑の磨崖仏とか、荒れ果てて忘れ去られ、ほとんど何の管理もされていない地域の文化遺産は結構ありますね。檀家や氏子といった地縁組織に支えられてないと、こうなってしまうのでしょうか。同じ笠間でも、佐白山(笠間城跡)はあまり管理されている様子がなく、若干荒れています。こういう問題は行政がというよりも、地元の人が丹念に働きかけていくしかないんでしょうね。
nasaraさま
こんにちは。

以前にこの隠沢観音にコメントいただきましたね。
その時にこの崩壊を教えていただいたのですよね。

> 岩間は愛宕神社と六所神社が有名なのですが、隠沢観音は正直聞いたことがなかったので(国道355号沿いに小さな看板があり、それは見ていたはずなのですが)、もうかなり前から寂れていたと思います。

江戸時代ころに栄えたところでも、鉄道ができ自動車道路ができて人の流れが変わり、守る人がいなければ廃れてしまいますね。
檀家などで支えられているところは修理もできるのでしょうが、ここは住職もいないしお墓もあまりないようです。
難しいですね。
そんな廃れたところに昔の面影を見出していくのも個人の趣味的な欲求で楽しんでいるだけかもしれません。

> 私の思いつくところでは、つくば市豊浦の蚕影神社とか石岡市志筑の磨崖仏とか、荒れ果てて忘れ去られ、ほとんど何の管理もされていない地域の文化遺産は結構ありますね。

よく行かれているのですか? 先日、常陸国三蚕神社をまとめて会報に載せました。
わからないところが多いのですが、いろいろ考えさせられました。

> 佐白山(笠間城跡)はあまり管理されている様子がなく、若干荒れています。こういう問題は行政がというよりも、地元の人が丹念に働きかけていくしかないんでしょうね。

佐白山は私が訪れた時は市の方で草刈や整備をされていました。
公園上の佐志能神社は地震でかなり崩れ、整備も間に合わないのでしょう。
山城の形態を持つこの佐白山は素晴らしいので是非整備して維持していただきたいところだと思います。

こうして記事を発信することも多少は保存活動につながればいいなとの思いもあります。
コメント嬉しく頂戴しました。またいろいろご意見ください。


管理者のみに表示