ことば座公演

 今回のことば座公演は、今まで続いている「常世の国の恋物語百」の第32話だ。

美浦村でふるさと町おこしで活躍されているもと村長の市川さんが主宰する「宙(そら)の会=陸平(おかだいら)をヨイショする会」で活躍されているモダンバレーの柏木久美子さんと林俊英さんが参加。

P6150016s.jpg

まずは白井 啓治さんの「新説鈴ヶ池物語」の朗読からスタート。

P6150040s.jpg

聾唖の舞姫「小林幸枝」さんの手話舞

P6150071s.jpg

柏木久美子さんのモダンダンス。これは美浦村の陸平貝塚を詠った詩の朗読から・・・
手に持つのは陸平(おかだいら)で発掘された縄文土器のレプリカ。

日本の考古学の原点と言われるのは大森貝塚と教科書では習いますが、日本人の手で発掘された第1号がこの陸平貝塚です。規模も大きく時代も縄文前期からの時代をたどる事が出来ます。
新の「日本の考古学の原点」はこの陸平貝塚です。

P6150072s.jpg

P6150073s.jpg

P6150077s.jpg

P6150054s.jpg

今回初めて参加の林俊英さんのダンス。
モダンバレーをされる男性も日本ではまだ少ないのですが、ヨーロッパなどで活躍する人が出てきていますので頑張ってほしいですね。

P6150057s.jpg

P6150059s.jpg

P6150083s.jpg

最後に皆さんのご挨拶。真ん中におられるのは美浦村の元村長の市川さんです。
一番右は今回ピアノを演奏してくれた山本光さんです。


にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ  ← よろしければクリックお願いします。

ことば座・風の会 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2013/06/15 21:46
コメント

管理者のみに表示