青いバラって?

  今日も暑い1日でしたね。

 私の知り合いにも、庭にバラの花を丹精込めて造っている人がかなりいる。

私は見るのは好きだが、どうもこのような面倒なことは嫌いである。

茨城県立フラワーパークが我が石岡の八郷地区にあるのだが、ここもバラの花がかなりのウエイトを占めている。

世界各国のバラを集め、650品種、30000株が植えられている。

つるバラなどの品種やバラの花の色でエリアが分かれている。

IMG_7908s.jpg

一応バラの春のシーズンは6月末までとのことですが、これだけ種類があるとほとんど年中咲いている。
入口近くはピンクのバラ?

IMG_7909s.jpg

そして白いバラ。

IMG_7910s.jpg

アップしてみました。きれいですね。

IMG_7911s.jpg

ミツバチもやってきました。
ミツバチがいなくなるとこの近くのイチゴ栽培はピンチになります。

IMG_7915s.jpg

こちらは赤いつるバラ?

さて実はこの手前にあまりきれいではない赤に少し紫の色が混じったような花がありました。
あまりきれいでないと思い写真も撮らなかったのですが、「青いバラ」コーナーでした。


さて、この青いバラと言うのは世の中にほとんどなく。青紫色っぽい花が何十種類かあるだけだそうです。

それをサントリーがバイオテクノロジー技術で商品化することに成功したのだそうです。

bluerose01.jpg

どうですか? これが「サントリーブルーローズ アプローズ」(花言葉「夢 かなう」)という名前で2009年に発売されたものです。

現在、「ぐんまフラワーパーク」と「浜松フラワーパーク」で栽培展示されているようです。
ネットでも売っていますね。

でもこれって青い?? 薄い青紫といった様な色ですよね。

一方ネットを調べてみると小林生花さんがオランダから真っ青なバラの花を輸入して販売していました。

bluerose02.jpg

鮮やかな青ですね。しかもこちらの方が安い。
でもね。このバラの正体は白いバラです。
白いバラに青い色素をまぜた水を吸わせて花から葉脈、茎まで青・青・・・。

さあどちらがいいのでしょうか。

私にはわからない。何故こんなにまでして、バラが本来持つことのできない青の色素を無理やり創りだしたら、胡麻化して青くしたりするのでしょう。
人間っていつまでたっても馬鹿だと思うのはひねくれ者でしょうか?

昔読んだ大デュマの「黒いチューリップ」を思い出して溜息をついています。

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ  ← よろしければクリックお願いします。

近況 | コメント(2) | トラックバック(0) | 2013/07/10 20:01
コメント
No title
こんばんは。今日も暑かったですね(>_<)

大デュマの「黒いチューリップ」は知りませんが、紫の薔薇を見て私は少女漫画・「ガラスの仮面」を思い出しました。まあそれはよいとしまして。
見る方は楽しめるけれど、人間の都合で勝手に色素を加えられ、本来の色を別な色に塗り替えられてしまう薔薇の気持ちになって考えると、決して良くはないでしょうねv-390
以前見たTV番組ですが、どこかの国で青とか緑とかありえない色の蜂蜜が出来る異常現象が発生しているとか。やはり人間の手でいろいろな色素を含ませた花の蜜を吸った蜂によるものだとか。
変な時代になりましたよね(>_<)

話は変わりますが、また記事のリンクをいただきました!事後報告で恐縮です^^;
竹千代さん
> 大デュマの「黒いチューリップ」は知りませんが、紫の薔薇を見て私は少女漫画・「ガラスの仮面」を思い出しました。

少女マンガといえばベルサイユのばらですよね。でもまったくわかりませんん。(笑)
黒いチューリップは昔オランダでこのバラが家1軒分位の価格になったチューリップバブルがテーマの背景です。「レミゼラブル」が映画としても話題ですが、こんな本も書いていたのです。
でも、黒いチューリップというとアランドロンの映画も思い出します。こちらも昔映画に凝っていた時代に見た様に思います。

> 見る方は楽しめるけれど、人間の都合で勝手に色素を加えられ、本来の色を別な色に塗り替えられてしまう薔薇の気持ちになって考えると、決して良くはないでしょうねv-390

そうですよね。あまりにも度を越した人工的なにおいがするのはいただけませんね。

> 話は変わりますが、また記事のリンクをいただきました!事後報告で恐縮です^^;

はいはい。大歓迎です。

管理者のみに表示