FC2ブログ

赤穂浪士

今朝は久しぶりに寒いと思ったら、何か白いものが降ったようである。初雪か?
有名な赤穂浪士の討ち入りは元禄15年12月14日ということで、この時期になると、何かと話題が多い。
さて、ここで、常陸と赤穂浪士の意外な関係を少し紹介してみたいと思う。
赤穂浪士は大石内蔵助をはじめ四十七士が主君の仇討をするのであり、皆播州赤穂の出身と思われているようですが、実は半数近くが常陸国真壁、笠間、麻生、東海村などの出身者なのです。
これは、主君浅野家が最初に立藩したのが「真壁藩」でした。そして加増して笠間藩へ移ります。
もう少し詳しく書くと、豊臣秀吉の妻「ねね」の妹が嫁いだ浅野長政は関ヶ原の合戦で家康側につき、和歌山で37万6千石を有したが、家督を子供たちに譲り、この浅野家本家は広島の藩主となります。長政は隠居して真壁藩5万石の藩主となります。
その後、真岡藩2万石の三男(長重)が真壁藩を継ぎ、大坂の役での戦功が認められて真壁藩から笠間藩5万3千5百石に転出しました。
しかし、その子(長直)の時、佐白山頂にあった城への往復が大変であり、麓に藩庁を建てたのが、新城を築いたとして武家諸法度にふれ、正保2年(1645年)赤穂藩5万3千石に転封となったのです。
討ち入りが行われたのはこの57年後であり、討ち入りに加わった年配の方はこの笠間・真壁の出身者が多かったといわれています。
堀部安兵衛の父、堀部弥兵衛は笠間の生まれで、義士の最年長の77歳でした。

 どうですか? 意外に身近に関係者がいるかもわかりませんね。
浅野長重の墓は真壁の「伝正寺」にあるといいます。
ちょっとひなびた温泉「伝正寺温泉」(鉱泉)などもありますので、一度探してみては?

  denshouji.jpg

ここは、文豪芥川 龍之介や室生犀星なども泊まった宿としても知られ、日帰り入浴500円?くらいだったと思います。
宿のおかみさんがお茶を入れてくれますのでお話などもできるでしょう。

寺は目の前です。
赤穂浪士四十七士の土人形(益子焼)などもあるとのこと。
昔行った時は気がつかなかったが・・・・。
  

仇討ち | コメント(2) | トラックバック(0) | 2010/12/16 20:06
コメント
No title
こんにちは、
伝正寺や西光院は何度か行ったことがありますが、
こういうことまでは知りませんでしたので、大変勉強になります。
あと個人的に高校生の頃から石岡総社宮のお祭りはファンで
何度もカメラを持って出かけました(^^ゞまた来ます。
コメントありがとうございます。
私のブログにお越しいただきありがとうございます。
そちらの「ひたちなか」ブログの写真を拝見し驚きでした。
かなりすばらしいですね。
石岡も良いところです。
是非またお越しください。

管理者のみに表示