麻生藩家老屋敷

 行方市(旧麻生町)麻生小学校の隣に江戸時代の麻生藩家老の屋敷が残されていると聞いてやってきました。

石岡にいると麻生も大掾氏の同族であった行方四頭(行方氏、島崎氏、麻生氏、玉造氏)のことは繋がってくるのですが、関ヶ原以降の事は良くわかりません。

しかし、国道355線を走り麻生陣屋などという看板も見かけ、この麻生藩がどのようなところだったのか少し興味を持っていました。

IMG_8523s.jpg

ここ「麻生藩家老屋敷記念館」はきれいに整備され、復元・保存状態も良く、江戸時代の屋敷を知りたい方は是非一度見て見たらよいと思います。
場所は麻生小学校の校庭横です。
 駐車場も前に設けられております。

中を見られるのは木・金・土・日及び祝祭日の9:00~16:00(無料)です。

IMG_8520s.jpg

これは家老屋敷の表門で薬医門だそうです。
建築されたのが何時のものかははっきりしていません。
手前の両側に小屋根のついた塀が作られ、高麗門に似た(高麗門なら内側に小屋根に棟がつく)ような少し変わった形式をしている。

でもこれは外側を囲う塀があったのでしょう。そして門を少し引っ込めた構造だったのだろうと想像しました。

IMG_8525s.jpg

これが麻生藩(新庄氏)家老の畑家の屋敷を復元したものです。

この屋敷は江戸末期の安政3年(1856)に火災で焼失し、翌年に再建され、明治以降も残されてきましたが、これを明治23年(1890)にかすみがうら市牛渡出身の医師福田氏が買い取り、ここで開業して保存にも努めていたという。
平成3年に 旧麻生町に寄付され、平成4年に修復整備したという。

IMG_8526s.jpg

正面玄関内

IMG_8530s.jpg

玄関の隣の家の中心の間。
 三部屋あって裏庭に続いています。

IMG_8535s.jpg

勝手口の土間。竈がおかれています。

IMG_8529s.jpg

屋敷の見取り図

IMG_8527s.jpg

IMG_8527s2.jpg

IMG_8536s.jpg

IMG_8522s.jpg

IMG_8519s.jpg

 麻生小学校です。藩の陣屋がここに置かれていたそうです。

どこも同じですね。陣屋の跡に小学校ができる。


麻生 | コメント(4) | トラックバック(0) | 2013/09/24 18:31
コメント
茅葺の屋根がすごい
美しくて、丈夫そうで、気高い感じもします。
藩の家老ともなると大きなお屋敷に住んでいたのですね。
来客などたくさんあって、あんがい部屋は常にいっぱいだったりして。
茅葺の屋根の正面の造りが不思議な感じで
出会ったことないです。
真夏に風が吹いたら、もう暑くなんてない
そんな当時の生活が伝わってきました。
お晩です、Romanさん、またお邪魔します。

PS 今度の日曜日、初の茨城県の街歩きに行きます。
  今から楽しみでしょうがないです。
kozoh55さん
こんにちは。

萱ぶき屋根は大変だけれど合理的できれいですよね。
ここも曲がり屋式の形ですが、正面玄関は通常使わず、右手の小さな玄関を使っていたようです。
そこに小さな部屋(取次の間)があって、興味深かったです。

> 藩の家老ともなると大きなお屋敷に住んでいたのですね。
> 来客などたくさんあって、あんがい部屋は常にいっぱいだったりして。

小さな藩でしたのでどんな暮らしであったかわかりません。興味はあります。

> 茅葺の屋根の正面の造りが不思議な感じで
> 出会ったことないです。

左側の曲がり屋なら厩のような位置が玄関です。
たしかにあまりないように思います。

> 真夏に風が吹いたら、もう暑くなんてない

確かに涼しそうですね。生活の知恵なのでしょうね。

> PS 今度の日曜日、初の茨城県の街歩きに行きます。
>   今から楽しみでしょうがないです。

真壁でしょうか?yokotoko氏と一緒ですか?
何かお手伝いあれば連絡ください。

メールは私のHP
URL:http://rekishinosato.com/
の一番左下の「MAIL」マークをクリックして下さい。
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
鍵コメさんへ
コメントありがとうございます。
貴重な話うれしくうかがいました。

管理者のみに表示