常行三昧会(1)

 9月24日から30日までの7日間、行方市の西蓮寺で毎年、常行三昧会(じょうぎょうざんまいえ)が行われています。

今日はその中日で、籠行列も行われると聞いてやってきました。

一般に伝えられているところによると、常行(三昧)堂は、阿弥陀如来を祀り、その廻りを門徒僧侶たちが何日間も読経して廻るという修行のことで、天台宗では本来は阿弥陀如来の後ろに「摩多羅神(またらじん)」(後戸の神)が置かれていて、これが翁などの能楽の基になったと言われています。

そして、この摩多羅神は秘仏のため姿を公開されることがほとんどないと言われるのです。

この摩多羅神に興味があったため、ここの常行堂の三昧会がどのようなものかを確認しに出かけたのです。

しかし、この常行堂には摩多羅神は置かれていないようです。

これから2~3回に分けて、写真を見ながら少しずつ調べ物をして、記事をまとめていきたいと思います。

IMG_8802s.jpg

西蓮寺入口の山門(仁王門)です。これは昔、石岡市太田の善光寺楼門とほぼ同じ造りだと書いたものです。(こちら

IMG_8803s.jpg

この祭りもかなり盛大なもので、車も山百合祭り(去年の記事1記事2)の時の半分くらい来ていました。

IMG_8807s.jpg

さて、西蓮寺の常行堂の中に、「びんづるさま」が置かれていました。
どこか悪いところがあれば、その部分をなぜると治ると言われているものです。

一般にはインドの仏教で賓頭盧(びんづる)尊者といわれる仏陀の弟子(十六羅漢の第一位)で、日本の各地でも「びんづるさま」として親しまれているものです。

でも、ここでは少し違った解釈がされています。なにしろ「びんづるおばあちゃん」というのですから驚きです。
これはまた後でお話ししましょう。

IMG_8805s.jpg

この常行堂の裏に廻って見ました。
僧侶の方はこちらから出這入りするようです。
そしてここに張られた紙を見ると、2時間置きに僧侶たちは入れ替わっているようです。(実態は知りません)

IMG_8808s.jpg

さて、この常行堂の御本尊の薬師如来像はどれでしょうか?

正面に3体の阿弥陀如来像、左側に1体の阿弥陀如来像(上の写真)、裏にも1体、右手は確認できませんでしたが置かれていたかもしれません。

IMG_8810s.jpg

近隣のたくさんの信者の方などが来られていました。数千円で記帳して蝋燭とお札をもらい、名前を書いた紙が後に張られます。

年配の女性の方も杖をつきながら、たくさん来ておられました。

IMG_8811s.jpg

この金網の向こうに如来三尊が置かれ、その前を読経しながら僧侶が一人ずつまわります。
観音像の前で一礼していきます。

これを延々と続けていきます。

IMG_8812s.jpg

IMG_8813s.jpg

堂の中には武者絵が奉納されていました。

IMG_8814s.jpg

こちらが如来三尊です。真ん中の像も立像です。

この西蓮寺の本尊は薬師如来座像で、これは別に薬師堂裏の立派な収納庫に保管されています。

でも私には薬師如来と阿弥陀如来の区別があまりよくわかっていません。

IMG_8815s.jpg

こちらが常行堂の後ろの入口です。

IMG_8817s.jpg

この後ろ側の入口正面にも如来像が祀られていました。


さて、行方市などで紹介している資料によると、この寺は、

「寛治年間(1087~94)に地元の長者が比叡山より移したものとされ、西蓮寺の末寺、門徒寺の僧侶が常行堂に集まり、9月24日~30日の7日7夜にわたって堂内を廻りながら独特の節回しで立行誦経する大法要です。」

となっています。この辺りはまたもう少し掘り下げて見たいと思います。

この長者にまつわる話が何故ここに伝わってきたのか?
話しの内容は次回にします。

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ  ← よろしければクリックお願いします。

民族と芸能 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2013/09/27 19:59
コメント

管理者のみに表示