大掾氏備忘録(1)

 取手山館の説明(記事はこちら)をしようといろいろな資料を見ていましたが、まったく複雑で私にも頭が追い付きません。

この常陸府中(石岡)の大掾(だいじょう)氏などというのもあまり戦国武将としては魅力がないし、この地に来るまでまったく名前も聞いたことはなかった氏族でした。

いくら平氏の名門といってもその後の伊勢平氏が平家となって君臨したのとどのようにつながっているのかなどは全くよく分かりませんでした。

それが石岡に住むようになり名前だけは知るようになったのですが、関ヶ原の戦い前に滅んでしまい実態も霞んで見えなくなってしまっているようです。

また石岡の多くの人も名前は知っていても実態はよく分かっていないように思います。

 普通に生活していただけでは、この関ヶ原の戦前の戦国末期に滅びた平氏の名門と言われた大掾氏の姿が良く浮かび上がってきません。

石岡の歴史などとHPにも紹介しているのですから、もう少し理解を深めなければ先に進めなくなりました。

そこで少しだけ整理したもの書いてみたいと思います。

まず細かな事はさておいて、大きな流れだけでも整理しておきたいと思います。

A、関東平氏(坂東平氏)の起こり

1)平安時代に桓武天皇の孫である高望王が平(たいら)の姓をもらい(889年)民間に下って、上総介(かずさのすけ)として上総(千葉)やってきます(898年)

2)その時、国香・良兼・良将という3人の子供を連れてきます。そして高望王は任期が終了し、902年に大宰府に西海道の国司として転任となりました。
しかし、3人の子供達はこの常陸・上総・下総の地に残り、土地の豪族と手を結んでこの地に土着します。

3)長男国香は筑波の豪族であり、前常陸大掾の源護(みなもとのまもる)の娘を妻にむかえ常陸国にその基盤を築いていきます。
この国香の子孫が代々常陸国の大掾職を継いで大掾氏を名乗るようになります。

平清盛を代表とする平家と言われるのはこの国香の子孫で伊勢平氏といいます。

さて、この大掾(だいじょう)という職位はあまり聞きなれない言葉ですが、その当時の国司の職位は守(かみ)、介(すけ)、ときてその下が掾(じょう)といいました。大国(延喜式の記載では13ヶ国)と言われた国にのみ大掾と少掾が置かれていました。掾の下に目(もく)が置かれていましたが、これも大国は大目、少目が置かれました。
また、常陸国は、都の大和朝廷(皇族)の収入が困窮し始めたため、上総国・上野国とともに、天長3年(826年)以降、皇族が直接統治して税を徴収する親王任国に指定され、親王が国守となり現地には来なくなりました。

「介」も次第に名誉職となり現地は大掾(だいじょう)が取り仕切るようになって行ったのです。

4)次男の良兼は父高望王の上総介の後を継ぎ上総、下総国に勢力を張って行きます。真壁などでもこの良兼は勢力を持っていたようです。

5)三男良将(よしまさ)(良持ともいう)はやはり源護の娘婿となり下総の勢力を拡大していきますが、子供の平将門がおこした乱で敗れたため、良将の正当な子孫はいなくなりました。

B、上総・常陸国における源氏の流れ

1)陸奥国の安倍氏との争いが活発となり、1053年に鎮守府将軍に任じられた源頼家が息子(八幡太郎)義家を伴い欧州の清原氏と協力して安倍氏を滅ぼします。(前九年の役)

2)その後の後三年の役では陸奥国の覇者をねらう清原氏を倒すために源義家(八幡太郎)が陸奥守となりやってきます。
そこに義家の弟、(新羅三郎)源義光が戦闘に加わり(1087年)戦いに勝利します。

3)後三年の役が終わり、都に帰った源義光(新羅三郎)は常陸介に任じられて常陸国に再びやってきます。そして勢力を拡大していた平国香の子孫(大掾氏)から妻を迎えこの地での地位を築いていきます。
しかし、鹿島神宮領域の争いで追放となり次男の源義清(武田冠者と呼ばれる:常陸国勝田付近の武田郷に住んでいた)と共に甲斐国に移り住みます。これが甲斐武田氏の始まりでしょう。(一部推論)

4)実は八幡太郎義家、新羅三郎義光兄弟の間に賀茂次郎源義綱がおりますが、ここに跡目を継ぐ子供がいませんでした。そこで新羅三郎義光の長男、源義業(よしなり)が養子に入ります。
そして常陸国太田の有力豪族の娘を妻に迎えます。
この賀茂次郎義綱の家系があまりうまくいかず、源義業は妻の里である太田の地にやって来て再起をはかります。そして、これが戦国時代に常陸国を制した佐竹氏の祖となって行きます。

まあこの頃は平氏も源氏婚姻関係では入り乱れていますので、系図をたどるとどこかで血縁関係が成立しています。
まあ長々と前段階を書いてみたのですが、少し自分自身の頭の整理に書いてみたものです。


大掾氏関係 | コメント(2) | トラックバック(0) | 2013/11/05 18:53
コメント
No title
毎回愛読させていただいております。
今回の大掾氏備忘録シリーズ、
管理人さんのお調べになった一連の歴史の流れが
大変わかりやすくまとめられていて
非常に興味深読ませていただきました。
より多くの方に目を通していただきたいと思い
私のフェイスブックにリンクを張らせていただきます。
よろしくお願いします。
馬立様
こんにちは。

お名前からするとお近くの写真屋さんでしょうか?

> 毎回愛読させていただいております。

それは光栄です。ありがとうございます。

> 今回の大掾氏備忘録シリーズ、
> 管理人さんのお調べになった一連の歴史の流れが
> 大変わかりやすくまとめられていて
> 非常に興味深読ませていただきました。

ありがとうございます。
結構知っているようで知らないことも多いですね。
こうして残しておくのもいいかなと思ったものです。
興味を持っていただきうれしいです。

> より多くの方に目を通していただきたいと思い
> 私のフェイスブックにリンクを張らせていただきます。

こちらこそよろしくお願いします。
また何かの機会がございましたらご意見などお寄せ下さい。

管理者のみに表示