fc2ブログ

養老の滝伝説(1)

 石岡には「親は諸白、子は清水」という史跡がある。
場所は鹿の子から柿岡へ向かう柿岡街道沿いの村上地区の左側だ。
看板があるのだが、木々の陰になり、車だと意外にも気がつかずに通り過ぎてしまう。
昔、この村上は「村上1000軒」と言われた程、多くの家があった村で、龍神山の麓に多くの家が集まっていたという。
村上の名前は石岡府中の街の上に位置していたのでつけられたのだろう。
しかし、村上地区は地盤が硬く地下水などをくみ上げるのには苦労していたらしく、龍神山の湧水やこの「子は清水」の湧水などはきっと素晴らしいきれいな水ではあったが、とても貴重な水でもあったように思う。
もちろん酒処でもある石岡は良質な水も豊富だったのであるが、水源となる龍神山の龍も住むところがなくなり、泣いているに違いない。

kowasimizu01.jpg

kowasimizu02.jpg

現地の説明看板の内容を下記に転記しましょう。
----------------------------------------------
昔、この村上の地は、「村上千軒」といわれるほどの大きな村であった。
 この村に貧しい親子が住んでいた。
親孝行な息子は、毎日山に出かけては薪をとり、それを府中の町に売りに行って、その日その日の暮らしをたてていた。
年老いた父親は病気がちで、毎日息子が買ってきてくれる酒を、なによりの楽しみにしながら暮らしていた。
 そんなある日、いつものように息子は、府中の町へ薪を売りに行ったが、その日は少しも売れなかった。
売れない薪を背負って、途方にくれながら家路をたどっていると、どこからか香しい匂いが漂ってくる。
その香りの源をたどっていくと、木立のなかに清水がこんこんと湧き出ていた。
息子は喜んで、この清水を腰の瓢につめて持ちかえり、父に飲ませると、父はその諸白(上質の酒)のうまさに驚いた。
 翌日息子は、あまりの不思議さに、昨日の湧き水の場所に出かけて飲んでみると、それはただの清水であった。
それ以来、毎日この清水を父に飲ませると、病気がちだった父も元気になって、二人とも幸せな日々を送ることができたという。
 この「親が飲めば諸白、子が飲めば清水」という養老孝子伝説は、古くからこの地方に伝わっており、次のような和歌が詠まれている。

 なにし負う 鄙の府の 子は清水
      汲みてや人の 夏や忘れん

 旅人の 立ちどまれてや 夏蔭は
      子は清水とて 先ず掬うらん

----------------------------------------------

各地に同じような養老の滝伝説が残されています。
何時ごろから伝わる話なのでしょうか?
説明看板には「村上千軒」と出てきますが、もっと昔から話は変化しながら伝わってきたのではないかと思われます。
また、看板に書かれた歌は何時のものでしょうか?

「石岡の昔ばなし」仲田安夫著(ふるさと文庫(1979年))によると、
「昔から、関東灘とよばれる酒の名産地石岡市大字村上に「親は諸白、子は清水」といわれる清水がある。ころは、奈良朝、聖武天皇の御代に 「与一」という十一歳になる孝行息子が住んでいた。
・・・・・・・・・・・・・
噂は噂を呼び四方八方へ知れ渡った。やがて、この話が、天子様のお耳にふれて「関東養老の泉」と命名された。
美濃の孝子の奇跡で、年号を改められたという「養老の滝の伝説」に似た美談であるからだというのである。」
となっています。

現地に立てられた説明板では、私には少し物足りなく感じます。
このような話を石岡の人はどのようにとらえて、またこの地を訪れた人にどのように説明できるのでしょうか?
「昔のおとぎ話が石岡にもある」程度にしか見ていないかもしれません。
 この続きは明日にでも書きたいと思います。
 

養老の滝伝説 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2011/01/25 21:26
コメント

管理者のみに表示