fc2ブログ

百観音

 百観音とは、西国三十三箇所 坂東三十三箇所 秩父三十四箇所 の100か所の観音様を指すとされます。
四国88か所の巡礼と同じく、この100か所を巡礼して廻るとご利益があり願いがかなうという習わしが行われてきました。記録によると400~500年位前から行われてきたといいます。

西国とは岐阜から関西地区の寺であり、坂東は関東地方である。これらそれぞれ33か所の寺と秩父地方34か所の寺を巡るのである。
そして最後の秩父34番水潜寺を廻ったら、長野の善光寺へ参るのだといいます。

この観音参りは現世の罪を流し、極楽往生を願うものとされてきました。
前にも書きましたが、長野の善光寺は来世の極楽往生を願い、上田の北向観音では現世のご利益を願うのだといいます。
このため、善光寺をお参りしたら、上田の北向観音をお参りしないと片詣りとなるといわれます。

しかし、来世の極楽往生を願う人は多くいたのですが、またその多くはこんなに遠くまで100か所もお参りすることは体力的にも、経済的にもかなわない人がたくさん出てきたのです。

そのため、全国各地で百観音信仰が生まれてきます。
これは、100か所の寺で観音様の鋳型をもらい、それを持ちかえって地元の寺に納め、その100観音像を拝むと100か所を回ったことと同じご利益を得ることができるというものです。

観音様の鋳型が作られたのは今から300年近く前から各地の鋳物師が競技として作ってきたといいます。

さて、この百観音の鋳型が石岡市大増の正法寺にあります。
前に十八羅漢の寺として紹介しました。

 さて、今日は少し変わった百観音を見つけましたので紹介します。
これは常陸大宮市の「百観音自然公園」です。
山の中に百体の観音様が点在しているといいます。
場所は石岡方面からいくと御前山の「道の駅かつら」を過ぎて、那珂川を渡って北上したところです。

hyakukannon01.jpg

hyakukannon02.jpg

この階段を上った先の洞窟に数十体の観音像が置かれています。

 今日は29日、もうお役所は休みが始まっているが、今日まで仕事で、ようやく夜帰ったところ。
ブログもネタを書きためていたものをUPしている。
やはり、暮れは余裕がない。
しかし、何か来年もまだ私を必要としている人が何人かいることもわかった。
もう少し頑張らないと全部はこなしていけなくなりそうだ。
 
女房にはこれから行方まで行ってくれと頼まれるし、今年の大掃除もしなければならないし・・・。
何か毎日余裕がないのは困りものだ。  
 

城里町 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2010/12/29 19:03
コメント

管理者のみに表示
« 電子図書館 | HOME | みかん »