fc2ブログ

経塚

経塚(きょうづか)とは一般には、仏教の経典を筒などに入れて、土の中に埋めた場所を言うといいます。
それはまた、末法思想が流行った時に経典の紛失を恐れて始まったといわれています。

しかし、ここ石岡地区に残された経塚という場所が2か所あります。
いずれも親鸞上人に関係しているのですが、1か所は12月7日にブログ(親鸞750回忌)の中で紹介した「喜八阿弥陀」に係る「経塚」です。

  kyouzuka02.jpg  kyouzuka01.jpg

場所は小美玉市与沢地区で、難産で亡くなった喜八の妻の霊を静めるために、親鸞上人が経典の梵字を小石に一字ずつ書いてそれを塚に埋めさせたところだといいます。
それ以来霊が現れなくなったと伝えられているところです。

もう一か所は石岡市貝地の高浜街道沿いにあります。「茨城の地名発祥の地」の看板のほんの少し手前です。

shinran8.jpg

現地には説明看板はありません。
誰か個人が建てたものかと不思議に思いながら前を通っていました。

ここにも「聖跡御経塚」と記されています。

ネットで調べてみると内容を紹介しているものを発見しました。

茨石通信「わくわく通信」2010年12月号の「わくわくふるさと紀行」の記事です。

その概要は

「その昔、文字の書かれた小石がザクザクと出てくる畑があり、「府中経塚」と呼ばれていました。
その場所は、石岡市の小目代で、ここに親鸞聖人の伝説が残されていたのです。

 その昔この近くに農家があり、そこの嫁さんが親鸞聖人の教えを受けて、毎晩講中に出かけていました。あまりにも続くので、そこの舅は嫁に男ができたものと早合点して、ついには言い争いになり、挙句の果てには、刀で嫁を袈裟がけに切りつけました。
からくも一命を取り留めましたが、その傷がもとで後に亡くなりました。

その後、不吉なことがいくつも続くようになり、ある時に嫁が信仰していた名号「南無不可思議光如来」の掛け軸を開いてみると、掛け軸は見事に袈裟がけに切れていたといいます。

それが今、本浄寺の寺宝として伝わる掛け軸「袈裟懸け名号」です。

また、江戸時代後期、春の日に巡礼がやって来て、経塚から経石を掘り出し持ち帰りました。

それを知った農夫たちも石を掘るようになりました。

領主がそれを聞き、みだりに掘ることを禁じました。

大正時代になり、街道の道路改修工事が行われ、この経塚が道路にかかることが分かり、この遺跡を新道の脇に移すこととなり、「親鸞聖人御旧蹟」と刻まれた大きな石碑が建てられました。

右には「聖跡御経塚」、左には「聖徳太子尊」、中央の前には小さな石が置かれ、仏説無量寿経が記されています。

建設には、本浄寺のほか9ヵ寺、400名近くの信徒たちが名を連ね、大正14年2月1日の完成だといいます。」

となっています。

経塚は最初の方に書いたように経典を埋めたところが多いようですが、このように「阿弥陀経・無量寿経・観無量寿経」の全二万六千六百字あまりを、小石に一文字ずつ書いて埋めることも行なわれていたのです。

一字一石経と呼ばれているようです。

  


経塚の話 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2011/01/30 18:39
コメント

管理者のみに表示