fc2ブログ

交通調査

 今日も暑かったが、夜はクーラを入れなくても過ごせている。秋も近付いてきていることを感じる。今朝最近開通した恋瀬川の府中橋から6号国道につながった道路で交通調査をやっていた。先日も香丸町の通りで調査していたので「よくやるな~」という印象であったが、橋の両側にそれぞれ2-3人ほどの人が日よけのテント張って丸一日かかりでやっていた(朝と夕方に通ったがともにやっていた)。調査の結果、町の発展に寄与してくれればよいなと願うのみだ。府中橋とは恋瀬橋より一つ山側の橋である。近くの田んぼではもう一部で稲刈りが終了していて早いな~と思っていたのだが、気になっているのはこのあたりの恋瀬川の風情である。最近川の浅瀬によくシラサギがとまっている。今までもう少し高浜寄りでは良く見かけたが、この辺りではそれほど見かけていなかったように思う。昨年この橋の上でカワウソのような動物を見かけた。あまり動物に詳しくないのでイタチなどを見誤ったのかもしれない。日本カワウソはほとんど絶滅に近いらしく見かけたとしてもヨーロピアンカワウソとは思うが、交通調査をするなら川に生息する動物なども調査してほしいものだ。年々人の通りも少なくなり、シャッターを下ろす店もかなり出てきている。それなのに、やることは街中という狭い枠だけで物事をとらえ、外への広い視野がない。「茨城の名前発祥の地」などというあやしい内容をもっともらしく看板にして、それも「野バラがたくさん生えていたから」などというのはもう止めにしてもらいたいものだ。

街中の様子 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2010/08/26 22:46
コメント

管理者のみに表示