冨田のささら

 祭りは午後2時の花火の音を合図に始まりますが、その前の様子をお伝えしましょう。

総社宮の随心門の手前には神社神輿と選ばれた幌獅子がびっしりと並んでいます。

P9130006s.jpg
そして参道入り口の鳥居のところには年番町でもある冨田町の山車(幌山車)が陣取ります。

P9130091s.jpg

この幌山車の正面にはヤタガラスが描かれています。
実はこの山車の上にはささらという3匹の獅子(老獅子・若獅子・女獅子)が乗るのです。

P9130028s.jpg

「ささら」の獅子はこの時神社の拝殿近くで祭りの神事に参加して、お祓いを受けます。

P9130020s.jpg

「冨田のささら」は「棒ささら」といってささらを人が被って踊るのではなく、中に棒がついていてこの棒を人が下から操って踊ります。
このため変則的な動きや、くるりと向きを変えたりできます。

P9130053s.jpg

祭りの先頭はいつもこのささらが務めます。
花火の合図でまず最初に行列の先頭から駆けだして、参道入り口で待つ冨田町の山車に乗り移るのです。
これが祭りの合図です。
この車が行くまで、他の幌獅子は準備して構えていて、すぐに動き出します。

P9130054s.jpg

ささらは関東から東北にかけて色々ありますが、この棒ささらもここの特徴の一つです。
地元では300年以上前から伝統のある獅子とされ、7度半の迎えでようやく腰を上げると言われています。

石岡のおまつり2014 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2014/09/13 16:50
コメント

管理者のみに表示