正岡子規の句碑

 本日、石岡市内にある金刀比羅神社で正岡子規の句碑の除幕式があった。

金刀比羅さんは霞ヶ浦の水運が盛んであった頃は笠間の稲荷と並ぶほどの参拝者があったという。
水戸街道もこの神社の前を通っていたし、陸前浜街道とも呼ばれていた。

子規碑01


子規碑02

正岡子規が学生であった頃に水戸の学友を訪ねて水戸街道を水戸まで徒歩で歩いた。
江戸を出て藤代に泊まるが雨も降って4月ではあったが寒さもありこの時の無理がたたって病に倒れたともいわれている。

子規碑03

旅の初日の宿は気持ちもよくなく、2日目には土浦を過ぎてようやく雨も上がり石岡まで足を延ばして「万屋」という宿屋に泊まった。
この宿のもてなしが気に行って「万屋は石岡一等の宿」だと「水戸紀行」に記している。

子規碑04

その時に石岡周辺では2つの句を詠んでいる。

「二日路は筑波にそふて日ぞ長き」(今回の句碑)

「白雲の蒲團の中につゝまれてならんで寐たり女體男體」(こちらに記事

子規碑06

土浦では霞ヶ浦が見たいと街道筋では見えなかったので高台にあった真鍋公園に登り、そこからの眺めに大いに喜んだ。
これは以前ブログに書いた。
 「消えた真鍋公園と正岡子規」(こちら

子規碑05

石岡に子規の句碑を建てるべきだと言って来て四年が経つ。
まあようやく完成したので遅かったが良しとしましょう。

子規碑07

写真の正面奥にうっすらと筑波山が見えます。天気が良ければくっきりと見えるでしょう。

子規句碑001

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ  ← よろしければクリックお願いします。

地域振興 | コメント(2) | トラックバック(0) | 2014/10/10 21:10
コメント
No title
子規は野球などもしていて、健康的なイメージがなくもありませんが、実際には、それほど身体頑健という程ではなかったようですね。
芭蕉のようには行かなかったようです。それでも、石岡の宿を気に入った様子だったこと、よかったですね。
AzTakさん
こんにちは。

> 子規は野球などもしていて、健康的なイメージがなくもありませんが、実際には、それほど身体頑健という程ではなかったようですね。

子規庵では長く病でふせっていたようですね。
血を吐いて死ぬまで歌は止めないとホトギス=子規だと聞きました。

何でも大成する人は心構えが違いますね。

>石岡の宿を気に入った様子だったこと、よかったですね。

もう少しこれもPRに使えば良いのにと思うのですが、何しろ腰が重い街です

管理者のみに表示