FC2ブログ

道の駅

 石岡に道の駅をつくるという話があると聞いた。現在建設が進んでいる朝日トンネルの近くに計画されているらしい。つくば側からトンネルができれば朝日峠越えの道が大分近くなり笠間側や茨城空港なども近付くだろう。八郷地区の観光も脚光を浴びてくるかもしれない。頑張ってほしいと願っている。
道の駅は現在茨城県にはまだ9か所しかない。栃木19、群馬21、千葉21、埼玉19箇所などと比べても極端に少ない。似たような設備としてロードパークや直売所的なものもあり、区別がつかないほど似通ったものもある。たとえば「かつら」と「みわ」の間の緒川地区に「かざぐるま」(水戸黄門に出てくる風車の弥七の墓が近くにある)という施設がある。紙すき場の跡もある。
yashichi.jpg
「風車の弥七の墓」(本当にいたの?)
これは茨城県北西部を対象としたグリーンふるさと振興機構(財団法人)が運営しているようだ。見た目では区別がつかない。多くが地元を中心とした特産品を売っているという印象だが、あまり変わり映えしない。みわ(美和)の方にはよく行くので、「道の駅みわ」には何回か立ち寄ったことがある。比較的大きく観光バスも結構来ていた。売り物は「満天トイレ」と北斗星をイメージした建物やレストランだ。私の「歴史の里美和編」にも近くの歴史の情報を載せており、非常に興味のある地区でもある。石岡と売り込みものは似てくるかもしれない。星を見るイベントを毎年行ってもいる。しかし、ここの黒字?はこれだけではないように思う。この地区はシイタケの栽培がさかんで、リンゴなどもつくられている。売店でリンゴを買おうとして驚いた。売っていたのは長野県産(信州リンゴ)だけで、大量に仕入れて安く売っていた。実に商魂たくましく熱心であった。朝日トンネルを抜けたあたりは果樹が盛んだ。しかし、時季が決まっている。当然果物狩りとタイアップして大型バスが何台も止められるスペースがほしい。フラワーパーク、薬師古道や小町の北向き観音堂も近い。しかしこれだけではきっと他とかわらない「道の駅」にしかならないように思う。八郷のシャモ料理、有機野菜の里、かやぶき屋根の民家・・・・。少し工夫が必要だなあ~。
CAS冷凍設備をして年中果物も、牡蠣、アンコウなども何時でも美味しく食べることができる設備などがあったらな~。CAS冷凍設備は以前から私が気に入っているものだ。柏の近くにあるアビーという会社がやっている。おもしろい社長さんだ。テレビで拝見したが、とても好きである。冷凍したものは東京やつくばなどに卸すこともできる。なんて自分がやるわけでもないのに・・・・。発想を柔らかくして、発展を願うのみである。

地域振興 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2010/08/27 21:49
コメント

管理者のみに表示