fc2ブログ

筑波古道-府中街道(東山地区)

 筑波山登山の古道はいくつかあった。
現在北条から神社へ真っ直ぐに登る「つくば道」が「日本の道百選」に選ばれ脚光を浴びているが、これはまた後に紹介するとして、今回はもっとも古くからあったという「府中街道」を紹介したい。
 常陸の国府石岡(旧府中)の町から筑波山に登るもっとも近い道で、万葉の頃から通っていた道であった。
これは、石岡(府中)から柿岡宿→小幡宿→十三塚→風返し峠→東山→筑波神社のルートであった。
現在パープルラインができ、この道の筑波山側は道を辿ることも難しく、今では東山地区に僅かな面影を残すばかりである。
下の地図で東大地震研究所前からパープルラインへ行く道は現在なさそうだ。またパープルラインを横切って風返し峠までの道は途中に白滝神社があり一部は辿ることもできそうだが私にはその根気はなかった。

fuchuukaido.jpg

神社の正面から東側の日枝神社へまわりその横の石段を東に下りるとそこが東山地区である。
昔この地区はこの府中街道があった時までは筑波神社参拝者でにぎわったという。
府中街道は天狗党が筑波で挙兵した時に藤田小四郎などが府中(石岡)からこの道を通ってきたというので、明治の初めまでは結構人が通っていたのであろう。

fuchu03.jpg

上の写真が神社から見た府中街道入口である。左に行けば筑波山(女体山)山頂に行ける(白雲橋コース)。

fuchuu04.jpg
入口部の道しるべ

fuchu05.jpg

fuchu06.jpg
この「女体山」の石標が入口部に残してあった。

fuchuu07.jpg
東山地区は道は狭いが石畳のきれいな道が続く。

fuchuu08.jpg
昔の面影を残す家並みも多い。

fuchuu09.jpg

fuchuu10.jpg

梅の木などもあり、一度散策されるのも良いと思う。しかし、道が狭く車でくると置くところに苦労しそうである。
また、この先は段々と山道に入る。また東大の地震研究所の観測所が近くにあるが、何の標識もなく現在観測が行なわれているのかもよくわからない。
途中に興味のあるスポットもあったので、また明日に続きを書きます。
 

筑波古道 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2011/02/08 19:27
コメント

管理者のみに表示