fc2ブログ

筑波四面薬師(1) - 菖蒲沢薬師

 奈良時代の後期に、法相宗を学んだ徳一法師は若干20歳位の若い時に、京都から東国にやってきた。
そして、常陸国などの主に山岳やその麓に多くの寺を創建していった。
その後会津に行き恵日寺を興し、空海など思想論争などをした優れた高僧ですが、今では東国に建てた寺はほとんど別の宗派になっている。

 延暦元年(782年)に、徳一法師が筑波山に中禅寺を創建し、この寺が筑波神社の隣りにある「大御堂」に発展していったとされます。
徳一法師は、万民安楽の祈願として、この筑波山の「中禅寺」の守護のために筑波山の四面に薬師如来を安置しました。

石岡地区には2つの薬師が配置されました。意外にこの歴史は知られていないようです。少しですが調べた内容と訪れた時の記憶などを残しておきたいと思います。

まず、最初は菖蒲沢薬師です。最近は市のホームページや観光案内などのパンフレットにも登場していますので知られるようになってきました。
私が最初に訪れたのはこの「薬師古道」を地元の森林組合などのボランティアの方が整備されたのを知ってからです。
その前に訪れた人の話を聞くと、山道をかき分け登っていくとその「薬師堂」の佇まいに息を飲んだといいます。本当にそのような雰囲気を持っています。

私が二度目に訪れた時は丁度薬師堂の改修と中の薬師像の修理をしている時でしたので、薬師様はお留守でした。この山道を大きな薬師様を大八車?などで運ぶのはさぞ大変だったと思います。
運ぶために山の周りに道路まで造って行なわれたようです。最初の時になかったお堂への脇道が造られていました。

三度目に訪ねた時は修理も終わり、案内板も増え、きれいになっていました。しかし、昔を知っている人やこの薬師堂の歴史を知っている人にとっては多分違和感のある姿に変わりつつあるようにも思います。
観光として、訪れる人が増えることはとても良いことですが、筑波四面薬師の歴史を是非知ってから行ってほしいものだと思うようになりました。

 さて、菖蒲沢の薬師古道へは、八郷地区の辻のイチゴ団地の所を山側に入っていくとすぐに材木の製材所などがあります。
ここに「薬師古道入口」の看板があり、案内看板に沿って細い上り坂を一気に登ると菖蒲沢の公民館に出ます。ここまで車で入ることもできますが、朝日里山学校に車を置いてハイキング気分で行くのが良いと思います。

kodou01.jpg

公民館から少し急な山道(丸太などで階段状にしてかなり登りやすくなっています)を約15分程登ると菖蒲沢の薬師堂が見えます。
この少し上から弁天池と薬師堂を見下ろす景色は石岡の景色の中でも1-2を争うほど美しい風景です。
是非新緑の中弁当でも持参して、この古道を散策し、更に上にある龍神岩から見える石岡の町の景色を見ながらノンビリされることをお勧めします。

kodou02.jpg

上の写真はお堂の修復前のもので、山の中にあるお堂と池のコントラストは新緑の頃などは圧巻です。
今はお堂の登り階段の入口に石灯篭などが置かれています。(最後に載せたスライドの写真は後からのものです)

kodou03.jpg

お堂のすぐ手前にある石燈籠は、前の写真を撮った山側のところに「のぞき灯篭」などと銘打って置かれています。

kodou04.jpg

この薬師さまは修復前のものです。かなり大きな立派な像です。本格的な修理を行なっています。

この薬師古道はハイキングなどにはもってこいとということですので、私のHPにUPしたスライドを紹介しておきます。こちらをクリック:スライド(BGM付き)

これから、数日間にわたって、他の四面薬師を紹介します。

筑波四面薬師 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2011/02/27 18:15
コメント

管理者のみに表示