fc2ブログ

足尾山と常陸坊海存

 さて、大杉神社の常陸坊海存が天狗と考えられたのはその風貌からと言われていますが、この筑波山に連なる足尾山に伝わる海存の話を紐解くと何かが見えてきそうです。
足尾山は常陸風土記や万葉集などで「葦穂山」「安之保山」「小初瀬山(おはつせやま)」と記されています。

さて、万葉集が詠まれた頃の「新治郡」は常陸国の西部にあって、現在の桜川市、筑西市などの領域です。
この新治郡衙跡が筑西市古郡(ふるごおり)地内(協和台地)に発見され、昭和43年に国の史跡として登録されています。
この新治郡から常陸国国府(石岡)にいくにはこの足尾山(小初瀬山)(安之保山)を越えて(実際は上曽峠を越えて)行ったものと考えられます。自然にいろいろな伝説が生まれるべきものがあったのでしょう。

足尾山の山頂近くに足尾神社(石岡市小屋字足尾山)の拝殿があり、山頂に本殿の祠があります。
前に書いた通り足の病にご利益がある神社として信仰を深めていきますが、常陸風土記に出てくる「油置売命(あぶらおきめのみこと)」がこの山の石城(いわき)に眠っていたと伝えられます。
油置売命というのは眠れる森の女神なのか?誰が歌った歌なのか?不思議です。

「言痛(こちた)けば をはつせ山の 石城(いわき)にも 率(い)て篭もらなむ な恋ひそ我妹(わぎも)」

何故、このような歌を常陸風土記は紹介しているのでしょうか?
奥に隠されたものがありそうです。

山の峠を越えて行くのにはいろいろなことがあったのでしょう。女神であったのか山姥であったのか、それとも若い男が姿を消してしまったのか?
もちろんまだ大和朝廷に組みしない人々が山の中に住んでいたのかもしれません。

筑波山の男体、女体の山の隣りでそっぽを向いたように(葦穂のように)反り返っていた足尾山は数々の歌に詠まれていました。

醍醐天皇が足の病が治る霊験あらたかな神社として日本の国家を建てた柱の神「国常立尊」(くにとこたちのみこと)、面足尊(おもだるのみこと)、惶根尊(かしこねのみこと)を祀り、信仰を集めるためにこの修験者のいる山を選んだのかもしれません。

さて、この山と「常陸坊海存」との関係ですが、文治年間(1185~1189)に常陸坊海尊(存)がこの足尾山に籠り、杉室に修行したという伝説が残されています。
現在も杉室に神窟があり、小さな祠が祀られています。この海存をこの山の修験者として「足尾権現」の流布・宣伝することで、北陸方面へ足尾信仰を広め天狗伝説も伝わっていったものと考えられるのではないでしょうか。

阿波大杉神社は別名「杉室神社」とも言われているそうです。

現在大杉神社の華麗な「麒麟門」が修理中です。3月末頃には新しくなるらしいのでその時に訪ねてみます。日光の「陽明門」を少し彷彿させるような彫刻が見ものとなりそうです。
 

天狗の話 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2011/02/19 18:37
コメント

管理者のみに表示