報佛寺(唯円の寺)(2)

 水戸市河和田にある報佛寺は親鸞の直弟子「唯円」が建てた寺です。
唯円は「歎異抄」を書いた人物とみなされています。

  『善人なほもて往生をとぐ、いはんや悪人をや。』

このフレーズも考え出すといろいろに解釈されそうですが、中学校の頃に反語表現の例として習った記憶があります。

P9260002s.jpg

本堂前にあるしだれ桜。
また春に訪れてみなければならない。

P9260015s.jpg

写真右側がしだれ桜で、左が本堂。

P9260016s.jpg

その真中に「唯円大徳開基」と書かれた石碑が置かれています。

建保6年(1218)榎本というところに ある心字池のほとりに(現在地の少し南側の国道50号近く)道場が建てられた。

その後竹ノ内に移り寺は「泉渓寺」と称した。

元禄3年(1690)に水戸光圀が現在地に移し、荒れていた寺を再建した。

P9260004s.jpg


P9260007s.jpg

P9260010s.jpg

P9260003s.jpg

本堂脇の隅に「報佛寺の十字名号」と書かれた石碑が置かれている。

P9260005s.jpg

この説明には、唯円が親鸞の弟子になった経緯が書かれている。

河和田の平次郎の女房は親鸞聖人に書いていただいた十字名号(帰命尽十方無礙光如来)の紙を熱心に拝んでいた。
他に男でもできたと誤解した平次郎は女房を刀で斬りつけ殺し、土に埋めてしまった。

しかし、斬られたはずの女房は元気で、十字名号が袈裟がけに斬られていた。

平次郎はその後改心して親鸞の弟子となり「唯円」の名をもらった。

この親鸞が書いたとされる「十字名号」は今もこの寺に残されており寺宝となっています。


さて、この話に似た話が石岡にもあります。
「聖跡御経塚」と市内本浄寺の寺宝として伝わる掛け軸「袈裟懸け名号」です。
(記事は → こちら


親鸞と茨城 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2015/10/06 21:00
コメント

管理者のみに表示