夢助さんの人情噺についホロリ

 今日2時から石岡市中町の喫茶店で北海道からこられた出前落語家「東屋夢助」さんの落語を聞いてきた。

今日は外は寒くホッとするような噺を一席ということで選んだ演目は、人情噺でも長くて難しい「文七元結(ぶんしち もっとい)」。

約1時間にわたる話に、次第に引き込まれてしまいました。

こんな人情噺も本当になかなか聞けません。うれしかったです。 夢助さんありがとうございました。

PC020067s.jpg

急遽決めたセッティングでお客さんはこちらの力不足で多くはありませんでしたが、聞かれた方は皆満足された様子。

PC020075s.jpg

また来年もお願いします。今度はもう少し準備したいとおもいます。

PC020076s.jpg

良い笑顔で・・・・

PC020074s.jpg

この話は登場人物が多くてまた長い。
少しも飽きずに引き込まれ、終わり頃にはついホロリ。

PC020070s.jpg

前座に今泉さんの三味線で悲しい酒なども絶唱・・・・
楽しくありがとうございました。

落語はこの後「ギター文化館」で12月4日14:00~ もう一度があります。
お近くの方は是非お出かけください。



PC020060s.jpg


おはなし劇場 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2015/12/02 20:34
コメント

管理者のみに表示