恋瀬橋からの筑波山は一番美しい

 正月三が日の最後の今日は春のような暖かさ。
もう春の花も咲き始めたところをちらほら見かけます。
もう咲いた??

これからどうなるのでしょう。
寝正月も今日で終わりにします。
明日からは少しずつ平常に戻していきます。

そうは言ってもそんなに仕事があるわけでもありません。
年末に残した仕事が少しあったので明日から少しかたずけです。

P1010038s_20160103175416c4b.jpg

元日に初日の出を見た帰りに6号国道に架かる恋瀬橋から筑波山を見たくなり立ち寄りました。
ここから見る筑波山の形が一番美しいのです。

P1010039s.jpg

二つの頂が丁度良い形に開いていて万葉の頃にこの山が慕われてことが忍ばれますね。

正岡子規はここを旅して
 ・白雲の蒲團の中につゝまれてならんで寐たり女體男體 (水戸紀行)
と詠んだ。

う~ん。
今は無き旅館万屋(よろずや)の場所には碑がない。

恋瀬川と筑波山 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2016/01/03 18:43
コメント

管理者のみに表示
« 高浜と筑波山 | HOME | 初詣 »