fc2ブログ

キッチンさくら

 家内に、「たまに外で食事でもする?」といってみた。
「何処にしようか?」
「"さくら"にでも行く?」
ということで6号国道沿いにある「キッチンさくら」へ行ってきました。
石岡には有名な外食チェーン店なども結構多くありますが、昔から頑張っている地元のお店も多いのです。
時々はこのようなお店も紹介します。

sakura01.jpg

上の写真は前にお昼に撮ったものです。

sakura05.jpg

今回は夜に行きました。結構地元の方が多くいますが、この日は私達夫婦以外は、3~4人程のグループが2組だけでした。

sakura04.jpg

店内は素敵に飾っています。特にジャズ?などの音楽用の楽器と演奏者の人形はこの店の特徴です。
「石岡の街になんとなくジャズが似合う」という気がしますが、どういう訳なのでしょうね?

sakura02.jpg

メニューはメインがハンバーグ。種類は多くどれも美味しいです。

sakura03.jpg

この日も、「ハンバーグ」と「ミックスフライ」を別々に頼んだのですが、写真のフラッシュを切って撮影したので、ハンバーグは手ぶれでボツ。ミックスフライのみをUPします。
エビ、ホタテ、カキなど結構なボリュームでお得です。

しかし、ライスセットを頼むと「ライス」+「スープ」に「漬物」と「切干大根」などの小皿がついてきます。
和風と洋風が組み合わさって箸もついているので不思議な感じです。
いつも同じ小さな小皿に入ってくるのですが、地元の常連さんの要望なのでしょうか?
これは小鉢にすべきでしょうし、ライスセットも2種類用意して選択出来たらうれしいですね。
料理はどれも美味しく満足しています。みなさん一度食べに行ってくださいね。

場所は6号国道を土浦方面から石岡に入って貝地の歩道橋を過ぎて少しいった左側です。 

平日のランチタイムに行くとケーキとドリンクがサービスです。平日のディナーならドリンクのみサービスです、土日はサービスなし。

この店に来ると石岡に意外とジャズが似合うかもと思ってしまいます。
 
 

食事処 | コメント(14) | トラックバック(0) | 2011/05/10 18:30
コメント
ハンバーグ
Roman様
不思議なほどですが、徒歩生活圏の微妙な差で
このお店、さくら、には行ったことがありません。
おいしそうで、次回なんとか機会作りたいと
思います。
私の生涯初ハンバーグは、香丸町、今の亀下
薬局の近くにあったレストランこだまでした。
いまでもここの味が私の標準原器です。
1970年過ぎにはなくなっていたお店ですが
そういうモダンな洋食屋さんが市内にもあった
のです。
覚えている人他にいますでしょうか???
ナイフとフォーク位使えないと、と、お袋につれて
行ってもらったのです。
これも小さな’坂の上の雲’でした。
(石岡最初のスーパーカスミも香丸町の今のお弁当屋さんの辺り。)
ハンバーグはこだま、ラーメンは稲吉屋、揚げ物は荻野
、とんかつは’しまだ’、おそばは山平。
そんな幼少の外食事情でした。
ついでに言うと稲吉屋の前の’オリエント’は
60年代半ばで生クリームのショートケーキを
唯一(?)造られていたお店で、私にとっては
年に一回の特別のお菓子でした。それ以前はベタ
ベタのカスタードクリームしかなかったのです。
ビオレさんが70年ごろに開店し、クロワッサン
などというそれまでありえなかったパンを
売り出す、郊外にはもろもろ外食が建ち始める、
生活のあれこれがどんどんモダンになっていく
日々。
昨日より明日、が実感できた、と言っても今の
寂れっぷりに慣れた若い人々には理解できない
かもしれません。日本全国似た様なものです。
国道六号とサクラ、およびご近所の狭いリンク
で終わらずに広がってくれると良いですね。

Re: ハンバーグ
行徳様
石岡市内のお店も人の流れが少ないのによくやっていると感心したりします。
他所からやってきて、街中に暮らす人はあまりいないと思いますから、今までの
住民で成り立っているのでしょうか?
一つ裏の通りを曲がると、そこに不思議とお店が多いのに驚くことがあります。
そこで、石岡の人は意外に外食が多いのかな? などと思っていました。
「こだま」は知りませんでした。昔の人は皆覚えているでしょうね。
>ラーメンは稲吉屋、揚げ物は荻野 、とんかつは’しまだ’、おそばは山平
 ・・・これらまだありますね。
それでも、比較的昔からのお店が皆残っている方ではないかと思います。
手元に石岡市観光協会の発行した「石岡市ぐるめまっぷ」というパンフレットがあります。
前に私も食べるところがわからないなどと書いたので、作ったというわけではないでしょうが・・・。
しかし、これも商工会の延長といったパンフレットです。八郷地区を含め53軒が載っています。
私が知っていて載っていないお店も結構あります。
例えばこのハンバーグ「さくら」、そば「小野越」、レストラン「ロッシェ」など・・・・。

やはり、商工会が「会員から募って、掲載費用を払ったところしか載せていない」ような内容です。
これは売る側の視点でしかないですので、客側から見たお勧めマップなどを作ってみたら面白いかもしれません。
あまり外食しないので載せるほど知らないので困ってしまいますが。
 
No title
はじめまして。震災から、石岡の様子を知りたくて検索していたら、Roman1405さんのブログにたどり着きました。久々に覗かせてもらったら、なんと「キッチンさくら」が!!ここはボリュームもあって美味しいですよね。私も母とよく行ってます。今更ですがGWで帰郷した時も行けばよかったと後悔してます(笑)柏原池公園付近にあった「赤い屋根」も美味しかったのですが、なくなってしまいましたね。なごりおしいです… 
Re: No title
reeさん: こんにちは。
さくらのハンバーグ美味しいですね。
また食べにいらしてください。もう一工夫すれば絶対に流行るのですが・・・。
柏原公園のレストラン「赤い屋根」は残念ですね。
桜の頃は人も多いのですが、少し通りから外れているせいでしょうか。
美味しいところがあれば教えてくださいね。
こちらでまた紹介します。
 
石岡飲食店
ROMAN様
行徳は市川市の一部ですが、行徳地区単独で人口15万ほどです。
市川全体を見るとどうでしょう。国分寺跡はこちらにもあります。梨が名産で、
海と川で釣りが出来る、皇室の鴨場がある、東京と成田の中間で物流拠点に近い。
大手町まで30分以内の通勤圏。

一方あれこれ検索するかぎり飲食店の数は石岡のほうがはるかに多いようです。
市域が広いので、国道の往来からの需要も多いのでしょう。
それでも店自身のHPは少なく、観光協会の紹介も仰せの通り限定的。
また上記の市川との比較でも石岡のほうが売りのファクターが多い。
行徳の優位と言えば東京などとの距離くらいの物です。海が近いのにそれすら
活用できていない。

そう考えると石岡は飲食店はじめ本当にもったいない状況だと思います。

渡辺直美さんに’さくら’で食いだおれる映像流して欲しいですね。多分それだけで
客足三ヶ月は途絶えないでしょう。え、忙しいからいやだ。ですよね、、、、。
勿論常連さんが何より大事ですし。ジレンマです。



Re: 石岡飲食店
行徳様
やはり東京通勤圏は人口が集中していますね。
石岡は昔の名残で銀行や郵便局などがまだ残り町としての機能が失われていません。
しかし、主な外食産業が集中しているのは6号沿いと小川街道沿いです。
まだ、この通りに人の流れがある証拠ですが、この流れが変わってしまうかもしれないです。
6号バイパスともうひとつ355バイパスで挟まれて街中を車が通るのは街中の人だけなどと
なったら・・・・。

独自の文化・産業がなければ人を呼び込めませんが、現在施策なども全て内向きです。

> 渡辺直美さんに’さくら’で食いだおれる映像流して欲しいですね。
・・・このような発想が商工会にはありません。だから独自で客があるところは
市のパンフレットなどに載せないのでしょう。

駅前通りの石岡カフェよりも前にオープンした「野菜直売所」のオープニング
http://ishioka-kankou.com/610tyokubaijyo/610-20110209-20110510-ekimae-yasai-chokubaijo.html

この写真、載っている人の表情が全てです。何故こんな沈んだ顔の写真をHPに載せるのでしょうか?
商工会の新聞には、初日予定は売上予定を大幅に上回って成功したように載っていました。
しかし、初日だけしかこの関係者は買いに行きません。
価格も少し高い・・・・。車では買いに行けない・・・。

市で年間売上計画書などを作成していましたが、こんなものを市では市役所の一般向け用紙の裏紙に使用。そして我が家がたまたま市役所で貰った申込用紙の裏に載っていたのです。
計画ばかり立てることは熱心ですが、実現しようとは思っていない?
補助金獲得だけのためにやっている? 信じられない感覚です。
今の売り上げは、恐らく予算申請時の1/10くらいでは? これでは続きません。
 
野菜直売所
ROMAN様
前回は外から見ただけでした。
集客の工夫って何かあるんでしょうか?
ばあちゃんのお惣菜や漬物、レシピ紹介、献立提案
八郷しゃもなどとのセット販売、袋詰め放題、
1000円以上お買い上げでくじ引き一回・賞品は野菜、
石岡カフェとのコラボなど色々あるかと思いますが。
吉祥寺だったか、メンチだけで行列の肉屋とか
鳥から専門で行列とか、参考例もたくさんあり
ます。
こちらももったいないな~。
Re: 野菜直売所
行徳様
他所から見ているとおっしゃるとおりですね。
でも、どういう訳か、このプロジェクトは一般の市民の意見は聞かないようです。
このプロジェクトは市街地活性化プランとして案を作って、茨城県で初めて国の補助金が下りた都市が石岡だといいます。
補助金は1億円?
しかし、運営は商工会が握っています。一般の民間には下りて行きません。
吸い上げることもありません。金の使い道など何もわかりません。
市街地にいる人が少し助かり、人口の減少が止まればよい程度のものです。
石岡市商工会、石岡市観光協会、(株)まち未来いしおか(今回の運営会社)すべてトップは同じです。
手前味噌ならぬすべてを自分たちの思うようにやっていると考えるのは考えすぎでしょうか?
本当にもったいないですね。

今までのパターンだと、これも造りっぱなしで、後は勝手にせよ。補助金が終わればそれでお終い??
あまり書くとコメントとはいえオープンですから睨まれそうです。

 
アカン
ROMAN様
がっかり、、、、、。
Re: アカン
行徳様
> がっかり、、、、、。
あら、がっかりしてしまわれましたか・・・。
これにがっかりしているとこの町がとり残されてしまいます。
自分たちで立ち上がることも模索したいと思っています。
その時は応援よろしくお願いしますね。
まだ、諦めてはいません。どこかにセーラさんのような爆弾娘いませんかね。
セーラ
ROMAN様
しがらみなく、義理人情や長幼の序に無頓着な
、なおかつ論理的に白黒はっきり言う外人は
有効ですね。最後は外人だからしょうがない、
もあり、身内だともみつぶしたり無視したり
するのも外人が言うと聞いてしまうと言う
日本人の性。
セーラさんの場合も社長が裏に回って、よく言えばサポート、意地悪く言えば利用したとも
考えられるかもしれません。
No title
主人と石岡に帰ると、洋食のお店を探すのに困ってしまうのですが、さくらはお気に入りです。

石岡カフェ、ぜひ行ってみなくちゃ。今度帰ったときまでやっていると良いのですが。。。
Re: No title
Mayumiさん
さくらは美味しいですね。
石岡カフェも頑張っているようですが、駅前だというのに人通りが少ないです。
娘の夫はイギリス人でも日本食が大好きで和食ばかりです。
回転寿司なども良く行きます。
お茶はサントリーの「伊右衛門」が好きだとか。
そんなにペットボトルのお茶に味の違いがあるようにも感じないのですが・・・(笑)
ハンバーグ
ROMAN様
欧米人にとっては、日本のハンバーグ、揚げ物は
大概未知の和食です。
オムライスやビーフシチューもそうです。、
いわゆる洋食扱いではなく、是非是非お奨め下さい。
その昔ドイツ人にトンカツ定食(キャベツ、ポテトサラダ付き)を食べさせたところ、今まで食べた日本飯の中で一番だ言っていました。
秋葉原万世のハンバーグも同様でした。
寿司は当たり前になり、ラーメン屋や定食屋が
海外進出し、カレー屋も進出中。次はいわゆる
洋食が西洋人に発見され、流行るのは間違いない
と思います。

管理者のみに表示