東栄寺(旭市)

 香取から旭市に向かった。
まず、旭市溝原というところにある天台宗の「東栄寺」を目指した。
ここの本尊とされている木造聖観音菩薩像が千葉県指定の登録文化財となっている。

場所は大原幽学に近くやはり起伏のある山道を行った先の道路からすり鉢状の下に降りたところにある。

P6030018s_2016060721490284c.jpg

丁度、納骨の儀式が行われところのようでのんびり見学もはばかれた。
寺に降りる坂道は車1台しか通れないので遠慮して早々に引き揚げた。

P6030020s_201606072149050bd.jpg

金剛院・北陸山東栄寺というそうで、創建は天平年間(729年 - 749年)に行基菩薩によって開かれたといわれている。

そして鎌倉時代の建仁3年(1203年)に再興されたといわれます。

P6030021s_20160607214905194.jpg

本尊は木造伝聖観音立像で、この本堂横の立派な観音堂に置かれているようだ。
昔の写真を見るとこの観音堂の屋根は茅葺となっています。


P6030022s_20160607214907e07.jpg


P6030023s_20160607214908737.jpg

ここに安置されている観音菩薩像は30年か60年に1回の御開帳の時しかお披露目されなかったと書かれていますが、現在はどうなのでしょうか。

P6030025s_20160607214925f7b.jpg

正面に県指定文化財のご本尊が安置されているようです。
ヒノキ材の一木割矧造で、像高は100㎝だそうです。

P6030026s_20160607214927baa.jpg

左右には不動明王?とたくさんの仏像が飾られています。

邪気の上に乗っかっているので四天王でしょうか。

詳しくないのでまた後で調べてみましょう。

P6030027s.jpg

P6030030s_2016060721493010f.jpg


P6030031s_20160607214931942.jpg

なかなか趣のある寺ですが、早々に引き揚げて次に向かいます。
次は飯岡の少し先です。


旭市 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2016/06/07 22:35
コメント

管理者のみに表示