護国院(鹿島)-2

 鹿島神宮の護摩祈願祈祷所として建てられたという護国院を紹介しています。
鹿島高校北の信号を鹿島神宮の方に少し行った一つ目通りを右側(南側)に入ったところにあります。

本堂は火災で焼けたため、常陸太田市の旧佐竹村の小松寺から移築したものだそうです。

そしてここにもう一つ立派なお堂が建っています。
大師堂(弘法大師)です。

P6100071s.jpg


P6100072s.jpg

入り口わきの両側に木造の古い像が置かれていました。

P6100073s.jpg

P6100074s.jpg

P6100075s.jpg

P6100076s.jpg

内部天井には家紋のマーク?

P6100077s.jpg

江戸時代の終わりころからこの弘法大師信仰は盛んになったようで、弘法大師の像の入った厨子を担いで、家々を回った講が行われてきたそうです。

P6100079s.jpg

四国八十八か所のそれぞれの像を砂踏みと共に祈祷して回ったのでしょう。

P6100080s.jpg

真言宗のあちこちの寺にこうして八十八か所の像が置かれています。
信仰の深さが思われます。

P6100081s.jpg

P6100082s.jpg

鹿島神宮 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2016/06/16 22:16
コメント

管理者のみに表示