fc2ブログ

地震状況(石岡市)その14

 福島原発第1の放射能漏れがこちらに影響がないかを気になっていましたが、茨城県では測定値を公開しています。

1)茨城県のHP

2)茨城県テレメータ・インターネット表示局

3)つくば産総研の測定データ(毎日朝8時頃~夕方5時頃)

これによれば今のところ全く問題となる数値ではないようです。
このように公開していただけると安心できますね。
つくばの値では15日の午後に一時的に1.54μSv/h(マイクロシーベルト/1時間)になりましたが、平均して0.1~0.5μSV/h程度です。

県の表示とつくばの表示は単位が異なります。テレビなどで一般に言われている表示は「つくば」の方の値です。
また、原発から10km地点で毎時1000マイクロシーベルト(1ミリシーベルト)の値が観測されたとしても、石岡は100km以上離れているので距離の2乗に反比例とすると、その100分の1である10マイクロシーベルト以下になります。
しかし上空に舞った浮遊物が風に流されて雨となって降ってくる時はこの限りではありません。
従って風向きにも注意が必要です。
冬型の気圧配置がきていますので、最近は北西方向から南東方向に吹くことが多いので、現在はあまり飛んでこないようです。

これからもウォッチしていきましょう。まずは全く問題はないと思われます。
現在の値なら、1日中外にいても大丈夫の値だと思われます。
しかし、あまり雨には直接濡れない方が良いのはいうまでもありません。

参考までに:
・胸のX線検査:50マイクロシーベルト
・CTスキャン:6900マイクロシーベルト
だそうです。
 

地震状況(石岡) | コメント(0) | トラックバック(0) | 2011/03/17 05:40
コメント

管理者のみに表示