普門寺(三村)

 石岡市三村はかつては新治郡三村という名前の村であった。
昭和29年に隣の関川村とともに石岡市に合併されたが三村というのがそのまま地名に残った。
ただ一部は千代田村に編入されかすみがうら市になった。

その三村小学校のある高台には戦国末期に府中(常陸)大掾氏の支城「三村城」があったが、小田氏に滅ぼされた。
まるで敵の中に城を築いたかのような出城に思える。

この城の主「常春(つねはる)」が興した曹洞宗万隆山常春寺(じょうしゅんじ)が城跡の東の麓にあるが、今日紹介するのは城跡の西側の少し高台にある「普門寺」という真言宗豊山派の寺である。

正式名称は醫王山吉祥院普門寺。

P1220015s.jpg

この寺の創建は永禄2年(1559)に源海法師により開基されたといわれている。

1559年といえばまだ小田氏の支配下とはなっていないはずだ。
なにしろこのあたりで「普門寺」といえばつくば市北条にある「普門寺」を思い浮かべる。
ここは小田氏の勢力下にあった寺で、1374(応安7)年に、小田孝朝が小田城の守りとして定めた小田領4ケ寺(普門寺、大聖寺、法泉寺、南円寺)の一つといわれた大きな寺であった。

こちらの普門寺も4カ寺のひとつである「南円寺」の末寺であったという。
室町の頃には(つくば市)普門寺は僧兵五百、(かすみがうら市)南円寺は僧兵三百もいたというのでかなり大きな規模の寺であったようだ。
その末寺なので当然小田氏との関係が強く感じるが、創建当時はどんな関係があったのだろうか。

こちらの山門は元文(げんぶん)5年(1740)の建立と書かれていたが、だいぶ修理したのだろうか屋根もきれいであった。

P1220016s.jpg

P1220018s.jpg

鐘楼は大正時代。
手前の宝篋印塔?はいつのものだろうか。
時代を感じさせる。

P1220019s.jpg

大きな本堂。昭和53年に再建されたものだそうだ。


P1220020s.jpg

本堂入り口に「三光松」と石碑があったが、いきさつはわからない。
つくばの三光院普門寺から持ってきたものなのかもしれない。



高浜・三村地区 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2017/01/26 20:56
コメント

管理者のみに表示