fc2ブログ

地震状況(石岡市)その32

3月22日です。
昨日は冷たい雨が降りました。
昨日の放射線量の測定結果を見るとまだまだ安心できないと感じました。
茨城各地、及びつくばでの測定値を見てみると、昨日の朝6時頃にかなり上昇しています。
その後雨が降り出し半分ほどに減少してそのまま推移していますが、ここ2~3日ではもっとも高くなっています。
3月15日午後1時~2時頃に一度これよりも高いことがありましたが、今の原発の状況をみるとまだとても安心はできません。
恐らくまたホウレンソウなどでは数値が上がってきているかもしれません。
注意が必要です。もっともこれが人体に害がある値ではないですが・・・。
1時間当たりのマイクロシーベルトではつくばの値では1.5が最大です。ほとんどが1以下です。
通常は0.06くらいだというのですからこれにくらべれば高いですが、10を越えて長時間つずくようでしたらやはり問題でしょう。

 さて、原発の被害に対し政府がその被害を東電が主体で、そのバックアップで国が見るといっているが、何処までの範囲を補償するのでしょうか。
農協などの組織であれば、その補償をするのでしょうか。
個人に対しては裁判を起こせというのでしょうか。
政府や東電幹部の発表に人間味が感じられないと思うのは私だけではないでしょう。
 

地震状況(石岡) | コメント(0) | トラックバック(0) | 2011/03/22 06:19
コメント

管理者のみに表示