潮宮神社(いたみやじんじゃ)

 昨日の与沢にある喜八阿弥陀から少し鉾田寄りの倉数に「潮宮神社」(いたみやじんじゃ)がある。

1週間ほど前に立ち寄ろうとしたが道を間違えて1本先を曲がってしまった。
戻るには道が狭くて後ろから来る車に追い立てられてそのまま奥へ進んで戻るのをあきらめていた。

今度は地図を見て調べてきた。
ここにももう5年前くらいに2度ほど訪れているのだが神社への脇路も少し広がって神社まで簡単に行くことができた。
前はもっと狭苦しい感じだったのだが・・・・・。

P2270023s.jpg

神社にやってきて驚いた。
全く違う神社になっているような感じだ。

P2270024s.jpg

参道横に別な道が作られていて、長年人が歩いて参道が沈み、参道横の古木が傾き、根がむき出しになりうっそうとした道は今は見る影もない。

P2270025s.jpg

沈み込んでいた参道には土が盛られ、養生が施され、かなりの古木が伐採?されたようだ。

P2270026s.jpg

この神社は鹿島にあった潮宮(いたみや)がここに移されたという。
水戸光圀が鹿島にあった潮宮(いたみや)の話を聞いて、潮を「いた」と読むことから「板来」の地名を「潮来」に改めさせたという。
その潮宮のこと。

この倉数の潮宮神社の祭神は高倉下命(たかくらじのみこと)で、創建は古く992年に鹿島神宮の潮宮がこの地に移されたと言われているのだ。

P2270027s.jpg

昔は鹿島灘沿いにたくさんの塩田があった。
この塩田の塩を常陸国国府(石岡)へ運んだ時に、ちょうど中間地点のためここに中継所が作られたらしい。
そして多くの参拝者が訪れたのだろう。
神社の参道は多くの人が通った証拠として深く沈んで参道わきの木の根がむき出しとなり傾いた多くの木が参道に覆いかぶさるように迫っていたのだが・・・・・
今は旧参道脇に別にとおる道ができ、すっかり明るくなってしまった。

P2270028s.jpg

少しは昔の面影もあるが・・・・

P2270029s.jpg

これらの古木の根が昔を語ってくれているが・・・・

P2270030s.jpg

常陸国にもこの塩の道があった。
その歴史が消えてほしくはない。

P2270031s.jpg

P2270032s.jpg

小美玉・行方地区 | コメント(4) | トラックバック(0) | 2017/02/28 22:52
コメント
潮来の名前の由来とはね。その昔、石岡への塩の道の中間点でもあったと。奈良、平安期でしょうか。歴史の微かな香りがします。神社は、歴史の語り部、タイムカプセルですね。残していきたいですが、支える人がいなくなりつつあるのでしょう。
kincyanさん
こんにちは。

コメントうれしく拝見しました。
こんな神社にもその歴史を見ていくと昔の反映や、人々の生活の痕跡が残されていたりします。
それが便利・きれいなどといって姿を変えていくのに少しさびしさをおぼえます。
せめて昔あったことなどを何かの形で残して欲しいと思っています。
この神社も昔と少し姿を変えていますが、きれいに下草を整備し、落ち葉や枯れ木を掃いて燃やし、神社を守っていました。
支えている人はいるのですが、このような塩の道などの話がここには何も書かれたものはありません。
一言あると想像が膨らみます。
鹿島灘の「七釜」、子生(こなじ)の浜から運ばれた国分寺の鐘、また空を飛んで菖蒲沢に降り立った薬師さん・・・・皆繋がっているように思います。
おはようございます
今日からブログ再開しました
よろしくお願いします
Re: おはようございます
退院良かったですね。
また時々こちらからもブログ拝見させていただきます。

管理者のみに表示