山倉観福寺(2)

 山倉観福寺(真言宗豊山派)

京都嵯峨御所から聖観世音菩薩が勧請されている寺だという。

811年(弘仁2年)円頓(えんどん)=最澄によって創建され、814年(弘仁5年)弘法大師空海がこの寺に入り修法したと書かれており、815年に弘法大師が本尊である『大六天(他化自在 天王宮)』と『子育子育観世音菩薩(荒彫り)』の二体を勧請したという。

この大六天は山倉大神の本殿奥の間(宮殿)に勧請されていたが、明治の神仏分離令により、こちらの寺に移した。

P3130061s.jpg

寺の入り口階段は13段あり、男女の厄除けだという。

P3130062s.jpg

この参道が曲げられているのにも意味があるのだという。(八方除きの参道)

P3130067s.jpg

参道わきにあるこの石標だが良く読めなかった。

P3130073s.jpg

本堂。

P3130077s.jpg

P3130078s.jpg

火消の奉納額?

この寺も山倉大神にも、あちこちに消防関係の額や石碑などが多い。

P3130079s.jpg

P3130081s.jpg

小見川・東庄 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2017/03/24 22:50
コメント

管理者のみに表示