fc2ブログ

地震状況(石岡市)その37

3月24日 早朝の投稿です。
息子が仙台にいるのですが、丁度地震の時にヨーロッパにいて難を逃れました。
昨夜成田に帰ってきて、成田のホテルに一泊して今日一度こちらのきてから、また東京~仙台の夜行バスにて一度仙台に帰ることになった。
就職で3月末に仙台から引っ越す予定なのだが、現地の状況がわからない。
こちらもまだうかつに仙台に車でいって、帰りのガソリンがないなどということも十分に考えられる。

今朝6時にやっと東北自動車道が全線一般車が通れるようになった。これで宅配便やゆうパックも復活してきたので品物も届けられるようになった。
仙台の知り合いに電話して、「野菜がこちらは大安売りになったので送っても良いか」と言うと「頼む」との返事。
我が家の知り合いには、それ程の放射能ではないと聞いているので、あまり気にしないで食べるといってくれる人も多い。
でもちょっとしたことに目くじらを立てる人も多い。
茨城県産の小松菜やチンゲン菜など気にしない方は今が安くて美味しいですよ。
これも数日のうちに、どこかで基準値を超えたなどと報告が入ってくるのではないでしょうか。
この辺りの野菜は農家も困っている。ホウレンソウだけでなく小松菜、チンゲン菜、キャベツなども売れないので暴落気味。
政府も風評をなくしたいなら、根菜類などはこんな数値だから絶対大丈夫だ位の事は言ってください。
いままでもジャガイモに放射線を当てて目が出なくしているなどのことも言ったらどうですか?
福島から新潟に避難生活をしている人達は野菜が手に入らずに困っているとも聞く。
本当にこんなことでこの危機を乗り越えられるのだろうか?
戦後生まれで平和ボケしている人々。自分中心でしか物事を考えられない人達。
子供手当を優先するのか、復興支援を優先するのか。
答えは決まっているが、あまり税金を払わずに、子供手当をもう生活に組み込んでしまって文句を言っているようではこの先国難など乗り越えられないようにも思います。
ツケは必ず後から払うことになります。
下手な小細工をして国債が暴落し、日本の経済がマヒしてしまわないことを祈るばかりです。

被災地にはガソリンスタンドのタンクが壊れてしまって不足しているので、避難所の小学校のプールにガソリンを貯めようか?
などと考えるような人達にはまともなことが考えられないのでしょう。
どうしてこんな常識的なこともわからないのですかね。

さて福島原発の3号機。黒煙が上がっています。
制御室の電気が復旧し何とかこれ以上被害を出さないよう祈る気持ちです。
現地で放射線を浴びながら限度を超えないギリギリのところで勝負をしている人たちに敬意を表します。
 

地震状況(石岡) | コメント(0) | トラックバック(0) | 2011/03/24 04:40
コメント

管理者のみに表示