FC2ブログ

ミネラルウォータ不足は石岡が原因?

3月29日 2度目の投稿。
昨日、当ブログの読者の方から「ミネラルウォータが不足しているのはペットボトルのキャップを作っている石岡の工場が被災したためとのニュースがある」と教えていただいた。
早速調べてみたら、確かにたくさんの記事が出てきた。
どうやら石岡にはペットボトルの蓋を製造する主力の工場があるんだという。
その工場が地震で被災して、操業ができなくなってしまったのです。
この会社は「日本クラウンコルク」石岡工場で、キャップの生産では大手だそうです。

問題は地震被害もさることながら、ペットボトルのキャップがメーカにより形状が異なるというのです。
このため、他の工場ですぐに増産ができない状態になりました。
コカコーラは急遽韓国からペットボトルを空輸することを決めたそうです。

工場の機械がすぐに復旧できないところをみると、被害は結構ありそうです。
HPには人的な被害はなかったが・・・ とあります。

さて、柏原工業団地は昭和48年に造成され、50万坪の土地に現在41社で従業員は約3500人いるそうです。
このクラウンコルクは昭和52年に石岡工場ができています。

このような時ではありますが、この町にどのような企業があるのかを知る機会になりました。
東洋製缶の工場は知っていましたが・・・。この会社は東洋製缶の関連会社だそうです。
しかも、こちらの東洋製缶もやはり被災して、工場の生産が止まっているそうです。

結構身近な所に関係があったのですね。40年位前に川崎の東洋製缶の工場を見学させていただいたことがあります。
確かコカコーラなどの缶がものすごい勢いで、お互いがぶつからないように流れていました。
そしてコカコーラをいただいた記憶があります。
早期の復旧をお祈りしています。
  

震災後の状況 | コメント(3) | トラックバック(0) | 2011/03/29 19:09
コメント
柏原
人的被害がなかったこと何より嬉しく存じます。
復旧と増産対応に当られていること深く感謝し、
心より応援申し上げたく存じます。

                            行徳生
No title
クラウンコルク石岡工場で働いています
この度の地震で、多くの人、多くの企業が被災され、また多くの人から応援をいただいています
自社にいたっては、他工場からの応援をいただき、また海外の工場からは、真心のこもった言葉をいただきました
そして私達は、今、全力で復旧作業にあたり、キャップもなければ、キャップを作る材料も無いなか、もっと酷い地域、宮城や福島、岩手など東北地方への飲料の供給への使命を受け、復旧もままならない中、数本のラインが稼働し始めました、もう少しの辛抱です、もう少し待ってください
Re: No title
ニックラ様
ご連絡うれしく思います。
地元にいて、どんなものを作っておられたのかも知らずにいました。
被災されて大変な思いで頑張っておられると思います。
皆さまのご努力に感謝申し上げます。
一日も早い復興をお祈りしております。
まだ余震も続いておりますがくれぐれもお怪我などの無いように気をつけてください。
応援しています。

管理者のみに表示