FC2ブログ

茨城の難読地名(その44)-樛木

難読地名44

シリーズ1回目からは ⇒ こちら 

樛木 【つきぬき】 つくばみらい市(旧谷和原村)

「樛木」はそのまま読めば「つがのき」ですが、この地名では「つきぬき」と読みます。

「ツガノキ」=「栂」(ツガ)です。松の一種で大きな木となります。栂池=ツガイケで知られている漢字ですね。

人名にも「樛木」姓が茨城県でわずかにいるようです。それもまた「つきのき」「つがき」などと読むようです。

なんだか色々な読みがあってわからなくなりますね。

名前の由来は「ツガノキ」が多く繁茂していたのか? もしそうならなぜ「つきぬき」などと読むのだろう。

一方、栃木県に「都賀郡」(つがぐん)があるが、この名前の由来は「、「ツガノキ(樛木、都賀乃木)」が多数繁茂することに因んだのではないかとしていた。

「樛」を使用した地名は他には見つかりませんでしたが、「つきぬき」で調べると、

栃木県那須塩原市槻沢 (つきぬきざわ)

がありました。

「槻(つき)木」はケヤキの古名だそうです。 ですから「つきぬき」というのはケヤキ=欅のことになります。

どこかで「ツゲノキ」と「ケヤキ」を混同して、「ツキヌキ」となったのかもしれない。

まあ理由はわからないが、意外にこれが正解かもしれないですね。

場所はつくばみらい市というよりはもう「水海道駅」(常総市)の直ぐ近くで小貝川に近く、洪水被害などもよくあったようです。

茨城の難読地名 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2018/07/28 06:29
コメント

管理者のみに表示