fc2ブログ

映画「ひまわり」

台風が過ぎ今日もまた真夏の暑さが戻ってきた。
夏の花といえば「ひまわり」であるが、1970年に公開されたマルチェロマストロヤンニとソフィアローレン主演の映画「ひまわり」がある。この映画の冒頭に一面のひまわり畑がでてくる。そしてヘンリー・マンシーニの心にしみてくる音楽である。映画音楽がこんなにせつなくなるほど映像とマッチした作品を私は他に知らない。
最初に日本で上映された時にはあまり感動は少なかったが、仕事の関係でモスクワからウクライナへを回ったときにウクライナで一面に続くひまわり畑を目にしてもう一度見たくなってビデオを借りた。
そこに映し出された映像はまさにウクライナのヒマワリと同じであった。この映画は初めてロシアに西側のカメラが入ったことで話題となり、ひまわりの撮影場所ははっきりさせていない。モスクワ近郊で撮影されたと書かれたものも見ているが、まさにそれはウクライナの景色であった。モスクワでは地下鉄が川の上を渡るところやサッカースタジアムなどはまさにモスクワとわかったが、このひまわりはウクライナであると思う。しかし、旧共産圏ソ連連邦の一員から1991年に独立して、土地も住民に分け与えられ、その土地をまた大量に集めてひまわり畑にしていったと考えると、1970年当時に本当にウクライナが現在のようなひまわり畑があったのかはわからない。私の推測でしかない。映画ではこの延々と続くひまわり畑の下にイタリアやソ連などの多くの兵士が眠っているという。戦争の無残さを映像と音楽でこんなにも人々を圧倒できることに感動を覚えたのである。
独立したウクライナはロシアとヨーロッパとの間で行ったり来たり。政権により方針が定まらない。ロシア語が学校の教科書から消えたとも聞いたが、またロシア側寄りの政権ができたので今はわからない。しかしそれにしても首都キエフは美しい町だ。高台に緑の楽園が広がっているような町である。女性も多くのファッションモデルを輩出しているだけあり美しい人が多い。しかし、現実は西側の文化に憧れをもって生活しているのである。ヘソ出しルックにタトゥーなど、これも西側への憧れなのかも知れない。またチェルノブイリ原発事故の影響は北側のベラルーシ(旧白ロシア)とともに今も残っている。

海外 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2010/08/13 16:26
コメント

管理者のみに表示