FC2ブログ

蝸牛壁をこはして遊ばせん No.18

≪三愚集≫No.18 蝸牛壁をこはして遊ばせん

七番日記に 「蝸牛(かたつむり)壁をこはして遊ばせん」 とある

昔子供のころジ-トかたつむりを観察していたら、こんな気持ちになったようなこともあった。
でもこの句の持つ意味はどこにあるのだろう。

壊しても良いような壁の家に住んでいるということなのだろうか。

埴生(はにゅう)の宿などという歌があったが、この埴生の宿は土壁の貧しい住処のことだという。
そんな意味合いがあるのだろう。

かたつむりは夏の季語(梅雨時)

三愚集_39P
(夏目漱石 書)

三愚集_40P
(小川芋銭 絵)

★ 夕月や 大肌ぬいで かたつむり
★ かたつむり そろそろ登れ 富士の山
★ 足元へ いつ来りしよ 蝸牛
★ 蝸牛 見よ見よおのが 影ぼふし

三愚集 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2019/05/29 07:50
コメント

管理者のみに表示