FC2ブログ

老木やのめる迄もと帰り花 No.24

≪三愚集≫No.24 老木やのめる迄もと帰り花(小林一茶)

七番日記に 「老木やのめる迄もとかへり花」 とある

帰り花(かへり花)は冬の季語である。
辞書には11月頃の小春日和に、桜、梅、梨、躑躅などの草木が本来の季節とは異なって咲かせた花のことを言うと書かれている。

三愚集_51P
(夏目漱石 書)

三愚集_52P
(小川芋銭 絵)

★ 凩に匂ひやつけし帰花 (松尾芭蕉 『後の旅』)
★ かへり花暁の月にちりつくす (与謝蕪村 『夜半叟句集』)
★ あたら日のついと入りけり帰り花 (小林一茶『享和句帖』)

三愚集 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2019/06/04 06:45
コメント

管理者のみに表示