fc2ブログ

原発避難地域の拡大。

 今日も昨日に続いて大きな余震が二回ありました。
また小さなものもたくさんありましたが、この地では特には被害はなさそうです。

ところで、東電や政府は各地の放射線量の測定値を10分おきに測定し、今までの数値まとめもPDFファイルで公開している。茨城県もホームページなどに載せており、1時間おきに「雨がふっても健康に心配はありません」と載せている。
また測定値が1時間当たりのマイクロシーベルト(μSv)値であるにもかかわらず、胸のレントゲン1回分(50μSv)以下であり問題がないといっている。
測定は1時間の値であり、1日では24倍。1年では8760倍になる。比べ方がおかしいよ。


また、累積値が公開されていないので、公表された数値をEXCELで表にして計算したり、グラフにしようとしたが、発表されたものはPDFのプロテクトがかかり面倒くさくなりやめた。
意図的に計算しにくくしているようにも思える。
本当はグラフにして載せたいとも思ったが、問題も大きく、誤解されても困るのでやめた。

本日、原発の事故のレベルを「7」に引き上げた。何故??
チェルノブイリと同じレベルまで今引き揚げたことの意味は?
放射能の漏れた絶対量で判定するようだが、「基準に則って計算して判断した」というに違いない。
現在の外部への漏れ量はチェルノブイリの1/10だというが、何かまだ言えない心配があるようにも思える。

少し放射能汚染について理解を深めなければならない。発表の数値は本当だろうが、意図的に表現方法をコントロールしている。困ったものだ。

現在、国際的に言われている基準は1年間で10ミリシーベルト~100ミリシーベルトまで状況により、また国によっても決められている数値が曖昧だ。
一般には100ミリシーベルト以上になれば将来ガンや白血病などになるリスクが高まるとされ、今回も現地の作業員にこれ以下となっていたのを、やむを得ず250ミリシーベルトまで許容して作業をさせている。
作業の方はこれを知りながら頑張っている命がけの値です。
先日原子力安全委員会から年間10ミリシーベルトを越えないようにとの提言があった。
しかし、今回避難地域の見直しでは、20~30ミリシーベルトなどと言っている。
現在すでに30ミリシーベルトを越えそうなところが出てきているからだ。影響があまりにも大きい。

ここ石岡のモニタリング数値がありませんので、近くの茨城町のデータを使って推計しました。
・茨城町矢田部:年間約 0.8~0.90.6~0.7ミリシーベルト(1.3ミリシーベルト)
・北茨城市:年間約 2~31.6~1.8ミリシーベルト(3.6ミリシーベルト)

この前提条件として、現在と同じように放射線量が下がっていくと仮定しています。
( )の中の数値は現在の測定値が横ばいの時の値です。
また福島市では156ミリシーベルト、郡山市でも114ミリシーベルト位になりそうです。

(朱記訂正します:2011.4.13 直近10日間のデータの下降トレンドを見て変更した。)

結局、このような場所まで避難区域を拡大させることはできないので10ミリを制限とすると大変なことになってしまうのです。

これはあくまで外に24時間いる時の話で、家の中や車の中などでは10~30%くらいは少なくなるでしょう。またコンクリのビルならなおさら下がります。
放射線の数値を良く調べて、自分のところの値や、出かける先などをチェックして、各自の累積放射線量をある程度把握しておくことをお勧めします。
特に小さなお子さんのいるところは、自分の所の数値をしっかりと把握しましょう。

お近くの方は出来るだけ窓も閉じてしばらくの間は過ごす方が無難です。
次第に放射線量は下がっていますので、1~2カ月は用心しましょう。数値の高いところでは外に出たら水にぬらしたガーゼなどを使ったマスクなどが効果的なようです。

もうひとつ大切なことは、今後数値が増えないという前提ですが、まだ爆発の危険もあります。
特に1号炉が危ないといわれています。
大爆発はないと信じていますが、万が一爆発した時は、風向きを考えて、約1週間の避難を今のうちに考えておくこともありと考えます。
前回の爆発も実際に数値として高くなるのは距離にもよりますが半日~3日程度です。この間だけでも避難すればかなり違います。その時はできれば風上に逃げましょう。
風の向きのチェック方法も調べておかなければ・・・。
 

震災後の状況 | コメント(3) | トラックバック(0) | 2011/04/12 19:31
コメント
グーグル検索
ROMAN様
http://www.j-cast.com/2011/04/12092887.html

笑えますが、すぐに暗澹となります。
Re: グーグル検索
おもわず笑ってしまいました。
海外でも検索できるのですね。
こんなのがニュースになる。
今回の事故も、津波被害の救済も旗振りがいない。
名前
ROMAN様

誰かさん、歴史に名を残しました、間違いなく。

そのポジションは残念ながらお茶茶、石田光成とか
ヒトラーなんかの近くでしょう。

ハンニバルともかなり異なる。

安倍、福田、麻生どころか鳩山まで小者に見えますね。

風評となるといけませんので伏字にしますが、
某NPOがわざと救援物資を滞らせ、困窮した
被災民に自ら物資を届けアピールしていたという
書き込みも多々見つけました。
届かないのではなく、意図的に届けない、だったと。
これも現政権の息がかりの話のようで。

実質より受け狙いという行動パターンが共通して
見とれます。

管理者のみに表示