FC2ブログ

三村の地名(二)- 長見寺の愛宕神社

 石岡市の三村の名前について前回書きましたが、この三村城跡のあった三村小学校のある高台の西側にやはり少し高くなった小山がある。

三村小学校も統廃合の対象になってしまったとも聞いたが、この小学校区の地区名(小字名)は、「大塚,大原,正月平,新生,城構内,長見寿(寺),吹上,諸士久保,古道,羽成子,坂井戸,御前山,水内,八幡,今泉,後久保」の16地区がある。

それぞれの地名にとても興味を引かれるものが多く、三村城にかかわる遺稿としての名前が多く残されているようだ。
また、地域も上郷・下郷の内郷とその周りの外郷に別れ、上郷・下郷の総鎮守はこの地方では有名な「須賀神社」(上宮)であり、その他の外郷(羽成子、坂井戸、御前山、大塚、正月平)は羽成子の「鹿島神社」(下宮)のようだ。

上郷地区を見てみると旧三村城のあった高台の回りに「城構内」「今泉」「後久保」「新生」が取り囲んでおり、西に少し離れて「長見寿(寺)」がある。

三村周辺神社

もともと三村という地名は室町時代ころから呼ばれていたようだが、江戸時代初期の寛文2年(1662年)に三村から新治村が分かれてできた。この新治村は古代の新治郡(旧協和町古郡に郡衙)とは別なものであり、本当に混同してしまう。

江戸末期に高浜地方出身の国文学者である鬼沢大海(おおみ)氏の書かれた「常陸旧地考」では倭名類聚抄」に記載の新治郡は三村の事だと考えていたようである。
まあ旧協和町の郡衙跡の発掘などが行われたのは昭和になってからであり、当時分らなくても当然だと思う。

このなかで、「長見寿(寺)」とあるのは城跡より少し西に離れた小山(台地)であり、先日近くを通ってので少し散策してみた。
三村城よりの小山の先端部に、上まで続く階段があった。

P3170101s.jpg

こういうのがあると、すぐに上りたくなるが、結構下の土がもろく、木で作られた階段とはなっていたが一部手を使ってつかまりながら登った。 年寄りには昇り難い。

P3170102s.jpg

階段上り口の木の根元には月山など出羽三山講の古びた石碑があった。

P3170103s.jpg

小山の上には大きな古木と小さな祠が置かれていた。
かかれたものは何も無い。
地図にも何も書かれていないが、手元にある資料などで調べてみるとこの長見寿地区の鎮守で「愛宕神社」であるらしい。

ここも古墳だったのか? それとも中世の砦があった場所なのだろうか。

P3170106s.jpg

ここから恋瀬川の向こうに舟塚山古墳の地域や高浜の町方向がよく見渡せた。

この「長見寿」地名は、国土地理院の地図では「長見寺」とある。
昔寺が在ったものと思うが、今はその名残は発見できなかった。

ところで以前三村城跡近くの「普門寺」を訪れた時に、何故この場所に小田氏の寺とよく言われる普門寺があるのか不思議だったが、今回三村を調べていて、この寺は三村から新治村が分かれた寛文2年(1662年)に西野寺(胎安神社のある地域)から移された事が判明した。

少し暇になったらこの地域を少し探ってみたい。
城構内:弁天社、今泉:不動明王、後久保:息栖明神、諸士久保:薬師堂、吹上:大日如来、古道:岩屋不動・・・・
それに須賀神社(上宮)と鹿島神社(下宮)・・・・何か埋もれていそうにも思う。

   参考文献:小野寺淳 「村落の社会組織に及ぼす相給支配の影響」 1991年 筑波大人文地理学研究 XV


高浜・三村地区 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2020/03/27 10:34
コメント

管理者のみに表示