FC2ブログ

千葉の難読地名(10) 十余一、二、三

≪十余一≫ とよいち  白井市
≪十余二≫ とよふた  柏市
≪十余三≫ とよみ  成田市、多古町


千葉難読地名10

実は、江戸期に設置していた馬牧地(旧小金・佐倉牧)を、職を失った武士たちに与えるために明治2年から開墾が始まりました。
そのときに、着手順序を基に開拓地名の字を付けることが取り決められて1から13までの番号がふられました。

1、初富 はつとみ (鎌ヶ谷市)、
2、二和 ふたわ (船橋市)、
3、三咲 みさき (船橋市)、
4、豊四季 とよしき (柏市)、
5、五香  ごこう (松戸市)、
6、六実  むつみ (松戸市)、
7、七栄  ななえ (富里市)、
8、八街  やちまた (八街市)、
9、九美上  くみあげ (香取市)、
10、十倉  とくら (富里市)、
11、十余一  とよいち (白井市)、
12、十余二  とよふた (柏市)、
13、十余三  とよみ (成田市)(多古町)

の字名が生まれました。

今ではそれぞれ住宅地などとなり昔の面影は少なくなってしまいました。
でも名前を見て思い出すのも良いですね。


千葉の地名シリーズ最初から読むには ⇒ こちらから

千葉の難読地名 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2020/06/11 21:39
コメント

管理者のみに表示