FC2ブログ

千葉の難読地名(53) 海士有木

≪海士有木  あまありき≫ 市原市

千葉難読地名53


江戸時代に≪海士村 あまむら≫と≪有木村 ありきむら≫の2村があり、たびたび一村として扱われる場合がおおかった。
明治7年にこの2つの村が合併して≪海士有木村 あまありきむら≫が誕生した。

≪海士村 あまむら≫

1) 平安時代の辞書「和名抄」に上総国市原郡に6つある郷名の一つに「海部郷」がある。
この和名抄の高山寺本の訓は「安万」、東急本では「阿万」となっている。

2) また鎌倉時代には「海郷」との記載がある。

3) 文禄3年(1594)の村高帳に「海士村」(あまむら)と記載されている。石高は771石、幕末は772石でほとんど変化なし。
  また、江戸時代には隣の「有木村(ありきむら)」と一村扱いとなっている場合がある。

「海士(あま)」の地名由来は、海士が住んでいたところとの説もあるが、古代縄文系人である海人族がいたところであるとの説が強い。

≪有木村 ありきむら≫

1) 戦国期に「有木」の地名があった。
  また、当地区に戦国時代の城、有木城(蟻木城)があり、北条方の上総介綱吉がいたとされる。

2) 文禄3年(1594)の村高帳に「有木村」(ありきむら)と記載されている。
  石高は101石で幕末まで変わっていない。

「有木(ありき)」の地名由来は「新しく開拓した地」という意味ではないかとされる。

<全国の有木地名>
島根県隠岐郡隠岐の島町有木  あらき
広島県神石郡神石高原町有木  あるぎ
香川県観音寺市大野原町有木  ありき
福岡県宮若市上有木    かみあるき
福岡県宮若市下有木    しもあるき


千葉の地名シリーズ最初から読むには ⇒ こちらから

千葉の難読地名 | コメント(2) | トラックバック(0) | 2020/07/10 17:48
コメント
No title
ここも知っているところです。五井から小湊鉄道に乗ると、途中の駅です(私は自転車で行くのですが)。読める地名ですが、なぜ海士なんだろうと不思議に思ったものです。
kincyanさん
 確かに海士だと、男の海人かと思いますね。
「天」の付く地名ももあり、このあたりは海人族といわれた人々の名残でしょうか。
海上国などといわれますから。
茨城の方にいるとあまり、この言葉(海士、海人、海上)は使われません。

管理者のみに表示