FC2ブログ

松平播磨守

「松平播磨守」(まつだいらはりまのかみ)の名前を聞いて、さて石岡の人はどれだけの人が気がつくでしょうか。
とても興味深い。この私もつい最近まで気がつかなかったのです。
常陸府中藩は松平2万石であることは多くの人は聞いているはずです。
ところが、この播磨守とつくと石岡の藩主であったことにどれだけ気がつくのでしょう?
播磨とはもちろん播州、赤穂、姫路、などのあの播磨の国を指します。
この播磨守になることは大変な名誉なことで、平清盛などはまず播磨守になり出世します。
来年の大河ドラマは清盛だそうですから、見るのも楽しみですね。

しかし、江戸時代には、その役職はその地方とはあまり関係なく、一種の名誉職になっていたようです。
ですから、常陸府中初代藩主松平頼隆が播磨守となると、その後3,4,5,6,8,10代府中藩主が江戸では播磨守に任ぜられています。
ここ石岡には陣屋がおかれ、藩主は江戸に暮らしていました。
この暮らしていた場所が「小石川」であることはよく知られていますが、では小石川の何処なのでしょうか?
小石川には水戸の藩邸がありました。これは今の小石川後楽園の場所です。そうジャイアンツの後楽園ドーム球場のあるところです。
府中藩の松平家の藩邸はというと、この播磨守の名前がヒントになります。
今「播磨坂」という坂があり、桜の名所になっている辺りなのです。

この石岡に住んでいて、どういう訳だか分りませんが、この話は聞いたことがありません。
私が聞いていないだけなのかもしれませんが、興味がないのでしょうか。

陣屋門という門が石岡小学校の校庭に保存されています。
小石川の藩邸が火事になり、建て直した時にあまった、木材で建てられたものと言われています。

P1010013s_20110428193605.jpg

この陣屋門も市民会館ができるまではこの小学校の入口のあり、子どもたちがこの門を通って通っていました。
懐かしい人もおられるでしょうね。

石岡市内 | コメント(6) | トラックバック(0) | 2011/05/01 07:44
コメント
播磨坂・陣屋門
ROMAN様
知りませんでした。
ちなみに子供達の学校が播磨坂の近く。因縁を
感じます。

低学年の時までは陣屋門くぐっておりました。
その頃は校舎は全て木造、体育館はなく、木造の
講堂があり、その並びに吹きっ晒しの木造トイレがありました。
陣屋は市民会館できた後もしばらくは元の位置に
あったような気もしますが、どうだったでしょう?
保健所も市役所も周辺にあり当然みんな木造。陣屋門のほかに
一つくらい残して欲しかったですね。

Re: 播磨坂・陣屋門
行徳様
出かけていましたので返信遅れました。
石岡の歴史家などにとって播磨守などの名前は邪魔なのだと思います。
なんでも自分中心なのかなどと思ってしまうのですが・・・。
でも知ってこそ、先が開けるはずなのに、どこか内弁慶的ですね。
私も何も知りませんでした。
水戸藩の小石川の場所を調べていたらそんな名前がでてきました。
陣屋門
ROMAN様
以下のHP発見。
http://www.kasumigaura.net/usr/mizukusa/Kasumigaura/page/A0024.html

記憶の通りでした。
つまり当方の中学進学の前に移転工事が始まり、
進学後に完了したのでしょう。そして小学校
の木造校舎は次次と取り壊され、鉄筋校舎に
替わり。昭和50年ごろには今の姿になったの
だと思います。
移転前の陣屋門の写真初めて見ます。
そうです。常にオープンでしたっけ。


Re: 陣屋門
行徳様
この写真は一部どこかで見たことがあります。
そんなに昔ではないのですね。
確かに小石川の水戸藩邸の門をひたちなかへ移設したのが残る以外に当時の面影を残すものがほとんどなくなって保存をしっかりしなければいけません。
この門をくぐって学校に行っていたとは羨ましい・・・。
でもこの土地の出身でもないので懐かしさはあまりないです。
東京では常陸府中の殿様というよりは「播磨守さま」と呼ばれていたのでしょうね。
陣屋門
ROMAN様
門全体が埃と言うか砂っぽかったと思います。
そこを通って、登校し、休み時間は土塁で遊び、
秋は総社でどんぐりの投げあいをやっていました。
のびのび遊べましたねえ、当時は。
Re: 陣屋門
行徳様
いい時代でもありましたが、子ども時代は懐かしいですね。
子どもの頃は秘密基地などを作ったり、自由にナイフなども使えたのですが
いまは鉛筆も削れない・・・。
文化財を傷つけるわけにはいかないですが、竹藪や林の中の木を切ったり出来ました。
昔を懐かしむということは、それだけ年取った証拠でもあります。

管理者のみに表示