fc2ブログ

智恵子抄と銚子ぎょうけい館

昨日銚子の老舗ホテルのぎょうけい館が閉鎖されていたことを書いた。(こちら
この宿には皇族、政治家や文豪など数多くの有名人が宿泊したと書かれている。

特に高村光太郎が智恵子と最初に親しくなった場所というので、青空文庫で「智恵子抄」に書かれている内容を探した。
一部ではあるが、見つかったので参考のため紹介しておきます。

<抜粋>

追憶の中の彼女をここに簡単に書きとめて置かう。
 前述の通り長沼智恵子を私に紹介したのは女子大の先輩柳八重子女史であつた。
女史は私の紐育(ニユーヨーク)時代からの友人であつた画家柳敬助君の夫人で当時桜楓(おうふう)会の仕事をして居られた。
明治四十四年の頃である。
私は明治四十二年七月にフランスから帰つて来て、父の家の庭にあつた隠居所の屋根に孔をあけてアトリエ代りにし、そこで彫刻や油絵を盛んに勉強してゐた。
一方神田淡路町に琅※(「王+干」)洞(ろうかんどう)といふ小さな美術店を創設して新興芸術の展覧会などをやつたり、当時日本に勃興(ぼつこう)したスバル一派の新文学運動に加はつたりしてゐたと同時に、遅蒔(おそまき)の青春が爆発して、北原白秋氏、長田秀雄氏、木下杢太郎(もくたろう)氏などとさかんに往来してかなり烈しい所謂耽溺(たんでき)生活に陥つてゐた。
不安と焦躁と渇望と、何か知られざるものに対する絶望とでめちやめちやな日々を送り、遂に北海道移住を企てたり、それにも忽ち失敗したり、どうなる事か自分でも分らないやうな精神の危機を経験してゐた時であつた。
柳敬助君に友人としての深慮があつたのかも知れないが、丁度さういふ時彼女が私に紹介されたのであつた。
彼女はひどく優雅で、無口で、語尾が消えてしまひ、ただ私の作品を見て、お茶をのんだり、フランス絵画の話をきいたりして帰つてゆくのが常であつた。
私は彼女の着こなしのうまさと、きやしやな姿の好ましさなどしか最初は眼につかなかつた。
彼女は決して自分の画いた絵を持つて来なかつたのでどんなものを画いてゐるのかまるで知らなかつた。
そのうち私は現在のアトリエを父に建ててもらふ事になり、明治四十五年には出来上つて、一人で移り住んだ。
彼女はお祝にグロキシニヤの大鉢を持つて此処へ訪ねて来た。
丁度明治天皇様崩御の後、私は犬吠(いぬぼう)へ写生に出かけた。
その時別の宿に彼女が妹さんと一人の親友と一緒に来てゐて又会つた。
後に彼女は私の宿へ来て滞在し、一緒に散歩したり食事したり写生したりした。
様子が変に見えたものか、宿の女中が一人必ず私達二人の散歩を監視するためついて来た。
心中しかねないと見たらしい。
智恵子が後日語る所によると、その時若(もし)私が何か無理な事でも言ひ出すやうな事があつたら、彼女は即座に入水して死ぬつもりだつたといふ事であつた。
私はそんな事は知らなかつたが、此の宿の滞在中に見た彼女の清純な態度と、無欲な素朴な気質と、限りなきその自然への愛とに強く打たれた。
君が浜の浜防風を喜ぶ彼女はまつたく子供であつた。
しかし又私は入浴の時、隣の風呂場に居る彼女を偶然に目にして、何だか運命のつながりが二人の間にあるのではないかといふ予感をふと感じた。
彼女は実によく均整がとれてゐた。

 やがて彼女から熱烈な手紙が来るやうになり、私も此の人の外に心を託すべき女性は無いと思ふやうになつた。
それでも幾度か此の心が一時的のものではないかと自ら疑つた。
又彼女にも警告した。
それは私の今後の生活の苦闘を思ふと彼女をその中に巻きこむに忍びない気がしたからである。
其の頃せまい美術家仲間や女人達の間で二人に関する悪質のゴシツプが飛ばされ、二人とも家族などに対して随分困らせられた。
然し彼女は私を信じ切り、私は彼女をむしろ崇拝した。
悪声が四辺に満ちるほど、私達はますます強く結ばれた。
私は自分の中にある不純の分子や溷濁(こんだく)の残留物を知つてゐるので時々自信を失ひかけると、彼女はいつでも私の中にあるものを清らかな光に照らして見せてくれた。

汚れ果てたる我がかずかずの姿の中に
をさな児のまこともて
君はたふとき吾がわれをこそ見出でつれ
君の見出でつるものをわれは知らず
ただ我は君をこよなき審判官さばきのつかさとすれば
君によりてこころよろこび
わがしらぬわれの
わがあたたかき肉のうちに籠(こも)れるを信ずるなり

と私も歌つたのである。
私を破れかぶれの廃頽(はいたい)気分から遂に引上げ救ひ出してくれたのは彼女の純一な愛であつた。

<抜粋 ここまで>

ここに出てくる高村光太郎が写生に行ったという犬吠の宿が「ぎょうけい館」であり、別の宿にいた智恵子をこの宿に宿替えして、二人で散歩したり話し合ったり・・・・ でも自殺者ではないかと宿の女中から常に監視されていたという。

また結婚後、精神を病んでいた智恵子を、ここよりさらに南の九十九里浜に静養させるために、昭和九年5月より12月迄の約八か月間転地させたという。
場所は九十九里町真亀納屋にあった「田村家の別荘」で、智恵子の実妹斉藤せつ夫妻が仮住まいしていたという。
光太郎は毎週1回は東京から必ず見舞ったという。


<風にのる智恵子>
狂つた智恵子は口をきかない
ただ尾長や千鳥と相図する
防風林の丘つづき
いちめんの松の花粉は黄いろく流れ
五月晴(さつきばれ)の風に九十九里の浜はけむる
智恵子の浴衣(ゆかた)が松にかくれ又あらはれ
白い砂には松露がある
わたしは松露をひろひながら
ゆつくり智恵子のあとをおふ
尾長や千鳥が智恵子の友だち
もう人間であることをやめた智恵子に
恐ろしくきれいな朝の天空は絶好の遊歩場
智恵子飛ぶ

<千鳥と遊ぶ智恵子>
人つ子ひとり居ない九十九里の砂浜の
砂にすわつて智恵子は遊ぶ。
無数の友だちが智恵子の名をよぶ。
ちい、ちい、ちい、ちい、ちい――
砂に小さな趾あしあとをつけて
千鳥が智恵子に寄つて来る。
口の中でいつでも何か言つてる智恵子が
両手をあげてよびかへす。
ちい、ちい、ちい――
両手の貝を千鳥がねだる。
智恵子はそれをぱらぱら投げる。
群れ立つ千鳥が智恵子をよぶ。
ちい、ちい、ちい、ちい、ちい――
人間商売さらりとやめて、
もう天然の向うへ行つてしまつた智恵子の
うしろ姿がぽつんと見える。
二丁も離れた防風林の夕日の中で
松の花粉をあびながら私はいつまでも立ち尽す。

智恵子抄碑
(智恵子抄の碑:九十九里総合案内より、碑は詩人の草野心平の建立)


ただ残念ながら病状はそれほど良くならなかったらしい。
この後、この九十九里から東京の病院(南品川のゼームス坂病院)に入院した。
この病院の跡地に慰霊碑「レモン哀歌の碑」があるという。
でも、こうして文学を読み直してみるのもイメージがわいてよいと思う。

銚子 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2024/01/17 20:58
コメント

管理者のみに表示