fc2ブログ

梅も大分咲いてきました。潮来市上戸の観音寺

昨日は朝からまた千葉県銚子市に仕事で出掛けてきました。
EXCELによる業務改善のプログラムで少しエラーがあり、検証に2~3日前から時間を使ってきました。
このブログではあまり仕事のことは書きませんが、昔作成したプログラムもいくつかを統合したりして複雑になると、EXCELのバージョン改定で不具合が生じることが多々出てきます。

大分これも慣れてはきたのですが、意外な落とし穴に気が付かず、見落としがあり苦労することがあります。
途中でエラーでもあれば気が付きやすいのですが、計算したりデータベースの取り込みした値などがおかしな場合にはエラー箇所を特定することに時間が掛かります。
昨日も、再現を繰り返し、どうにかエラーの場所が分かったように思われます。
さて、その訂正はこの土日に行うことにして、今は昨日の道中の記事を載せましょう。

朝は少し寒いくらいでしたが、途中でガソリンを入れ(とうとう1リットル160円を切りました。156円で給油できました)、少し気分もよくなり、これから向かう道中で何処かにより道でもするとすればどこに行こうか?などと考えながら・・・・

気温もどんどん上がって来て、霞ケ浦の湖面も朝陽が照り付けキラキラと反射して目にまぶしく輝きます。
車も空いているし、走りながら道中の道端を眺めていると、梅の木もかなり花が咲いているのに気が付きました。

そこで、どこかに立ち寄るとしたら??

思いついたのは阿玉台貝塚などでしたが、こちらは次回くらいの方がよいだろうと思い、途中潮来入口に近い「観音寺」に立ち寄ってみようと思付きました。
ここも10年ほど前に訪れてからその後ご無沙汰しているようで、今はどうなっているかということも気になったのです。

大同2年に徳一が創建したというが、これは最初にどこに建てられたのかなどが気になるのですが、書かれたものはありません。

でもとても心が休まる、素敵なお寺です。
真言宗の豊山派の寺院です。

P2160030s1.jpg

入口にある梅の木も春になったことを告げているようです。

P2160026s.jpg

やはり来てよかった。
ただ忙しく過ごしていると段々と心も落ち着きを失ってきます。
こうして静かな場所に少しだけでも、のんびりとした時間を過ごすのもいいことだと思います。

P2160025s.jpg

P2160005s_20240217115004555.jpg

P2160007s_20240217115006724.jpg

こちらが寺の入り口側。正面に山門があり、奥に薬師堂があります。
どちらも藁ぶき屋根。

P2160014s.jpg

この枝垂桜も春を待って居るようです。
奥にあるのが薬師堂で、右側が本堂です。

この枝垂桜の木には、昔「小町桜」という立て板が置かれていたように思います。
その時の説明では小野小町がこの最初の桜の木を植えたとか・・・
でも今はどこにもこの説明はありませんでした。

P2160018s.jpg

寺の奥の高台に墓地などがあり、そちらから寺の全景が見渡せます。
手前の藁葺き屋根の薬師堂とその奥が本堂です。
前に来たときはこの本堂はもっと小さな建物でしたが、東日本大震災で建物に被害が出て、建て直したようです。

山門の手前に説明看板が置かれていました。

P2160010s_202402171150069a7.jpg

平成29年(2017年)に完成。

P2160011s_20240217115009860.jpg

薬師堂庫裏の完成記念碑

P2160023s.jpg

本堂の落成に合わせて、建てられた?慈母観音像?

P2160020s.jpg

この薬師堂の裏手は竹林。裏手から見た薬師堂の藁葺屋根も美しい。

P2160024s.jpg

このお寺は入口が少し入り辛いので、あまり訪れる方がいません。
その分だけ静かに散策出来ますよ。

国道51号線の上戸信号を潮来市街の方とは逆の山側方面に曲がって、道なりに進めば到着します。
しだれ桜の咲く頃も、おすすめです。


PR:
<「常陸国風土記を巡る」 - 遺称地を訪ねて ->⇒ こちら
A5判 292ページ+詳細地図折込14枚
本体価格1200円+税


潮来 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2024/02/17 12:17
コメント

管理者のみに表示