fc2ブログ

芭蕉の「鹿島紀行」を巡って (1)

芭蕉の鹿島紀行を巡る

(はじめに)
 松尾芭蕉は貞享四年(1687)八月の中秋の名月の日に、二人の門人と共に鹿島地方を月見に訪れました。
これは江戸深川の芭蕉庵にいた時に知り合った仏頂和尚からの誘いを受けたものでした。
仏頂和尚は当時鹿島の根本寺(こんぽんじ)の住職をしており、鹿島神宮との間で寺領争いがあり寺社奉行に訴えるために、江戸深川の臨川院という草庵にいました。
仏頂和尚は、根本寺の寺領訴訟に天和2年(1682)勝利し、鹿島に戻り、根本寺を弟子に譲り、芭蕉が訪れた時は、荒廃していた山の草庵を立て直し暮らしていたようです。

 芭蕉は1680年に日本橋から深川の芭蕉庵に移っていますが、この芭蕉庵から臨川院(現臨川寺)まで小名木川の萬年橋を渡って500m程の距離であり、芭蕉は仏頂和尚に俳句を、仏頂は禅を教えるというようにかなり親密に過ごしたようです。
年は仏頂和尚が二~三歳年上です。

この仏頂和尚の月見の誘いを受けて、鹿島の山の月見をしようと二人の門人を連れて1887年の中秋の名月に鹿島を訪れました。
その時に書かれ、残されたのが「鹿島紀行(鹿島詣)」です。
今回はその原文と、現代語訳、および書かれた当時の時代背景なども含めて内容を検証してみたいと思います。

芭蕉旅立ち
(芭蕉旅立ち:蕪村)

数回に分けて載せます。

第1回目は「原文」と「現代語訳」に挑戦です。

<原文> 

鹿島紀行(鹿島詣)         松尾芭蕉

 らくの貞室、須磨のうらの月、見にゆきて、「松陰や月は三五や中納言」といひけむ。
狂夫のむかしもなつかしきまゝに、このあき、かしまの山の月見んとおもひたつ事あり。

 ともなふ人ふたり。浪客の士ひとり。すなわち河合曾良なり。
ひとりは流れる水、行く雲をさすらう水雲の僧。すなわち宗波なり。
僧は、からすのごとくなる墨のころもに、三衣の袋をえりにうちかけ、釈迦の修業を終えて出山の姿をうつした尊像をづしにあがめ入テうしろに背負、拄丈ひきならして、無門の関もさはるものなく、あめつちに独歩していでぬ。

 いまひとりは、わたくしこと芭蕉である。
僧にもあらず、俗にもあらず。鳥鼠の間に名をかうぶりの、とりなきしまにもわたりぬべく、門よりふねにのりて、行徳といふところにいたる。

 ふねをあがれば、馬にものらず、ほそはぎのちからをためさんと、かちよりぞゆく。甲斐のくによりある人の得させたる、檜もてつくれる笠を、おの/\いたゞきよそひて、やはたといふ里をすぐれば、かまがいの原といふ所、ひろき野あり。
それはまるで秦甸(しんでん)の一千里とかや。めもはるかにみわたさるゝ。

 つくば山むかふに高く、男体、女体の二峯ならびたてり。
これを見て思い出されるのは、かのもろこしに、「双劔のみねあり」ときこえしは廬山の一隅也。

  ゆきは不レ申(まうさず)先(まづ)むらさきのつくばかな

と筑波山を詠めしは、我門人嵐雪が句也。
すべてこの山は、やまとたけるの尊の言葉をつたへて、連歌する人のはじめにも名付たり。
和歌なくば、あるべからず。句なくば、すぐべからず。まことに、愛すべき山のすがたなりけらし。
 萩は錦を地にしけらんやうにて、かつてためなかゞ長櫃に折入て、みやこのつとにもたせけるも、風流にくからず。きちかう・をみなへし・かるかや・尾花、みだれあひて、さをしかのつまこひわたる、いとあはれ也。野の駒、ところえがほにむれありく、またあはれなり。

 日既に暮かゝるほどに、利根川のほとり、ふさといふ所につく。
此川にて、鮭の網代といふものをたくみて、武江の市にひさぐもの有。
よひのほど、其漁家に入てやすらふ。よるのやどなまぐさし。
月くまなくはれけるまゝに、夜舟さしくだして、かしまにいたる。

 かしまに至れば、ひるより、あめしきりにふりて、月見るべくもあらず。
ふもとに、根本寺のさきの和尚、今は世をのがれて、此所におはしけるといふを聞て、尋入てふしぬ。
すこぶる人をして深省を發せしむ、と吟じけむ。しばらく、清浄の心をうるにゝたり。

 しばし居寐たるに、あかつきのそら、いさゝかはれけるを、和尚起し驚シ侍れば、人々起出ぬ。
月のひかり、雨の音、たヾあはれなるけしきのみむねにみちて、いふべきことの葉もなし。
はる/”\と月みにきたるものを、句も詠まれぬかひなきこそ、ほゐなきわざなれ。
かの何がしの女すら、郭公の歌得よまでかへりわづらひしも、我ためには、よき荷憺(かたん)の人ならむかし。

をり/\にかはらぬ空の月かげも
     ちヾのながめは雲のまに/\  和尚
月はやし梢は雨を持ながら    桃青
寺に寝てまこと顔なる月見哉   同
雨に寝て竹起かへるつきみかな  曾良
月さびし堂の軒端(のきば)の雨しづく   宗波

   神前
此松の実ばえせし代や神の秋   桃青
ぬぐはヾや石のおましの苔の露  宗波
膝折ルやかしこまり鳴鹿の聲   曾良

   田家
かりかけし田づらのつるや里の秋  桃青
夜田(よた)かりに我やとはれん里の月   宗波
賎(しず)の子やいねすりかけて月をみる  桃青
いもの葉や月待里の焼ばたけ    桃青

   野
もゝひきや一花摺の萩ごろも  ソラ
はなの秋草に喰あく野馬哉   仝
萩原や一よはやどせ山のいぬ  桃青

帰路自準の家に宿ス
塒(ねぐら)せよわらほす宿の友すヾめ  主人
あきをこめたるくねの指杉   客
月見んと汐引のぼる船とめて  曾良

貞亨丁卯仲秋末五日
              (終わり)


<現代語訳>
洛(京都)の貞室(安原貞室:俳諧師)が須磨の浦の月を見にゆきて、「松陰や月は三五(十五夜)や中納言(須磨に流された中納言行平も、同じ月を見たのだろう)」と詠んでいる。
狂夫(風流に狂った者:貞室)の昔もなつかしさがつのり、この秋、鹿島の山の月を見ようと思い立った。

一緒に旅をするのは二人。浪客の士が一人。すなわち河合曾良である。
もう一人は流れる水、行く雲をさすらう水雲の僧。すなわち宗波である。
この僧は、カラスのような真っ黒い墨の衣に、三衣(さんえ:大衣・七条・五条)の袈裟の袋をえりにうちかけ、釈迦が修業を終えて山を出るときの姿をうつした尊像を厨子に崇めて後ろに背負い、拄丈(しゅじょう:錫杖)をひきならして、無門の関(悟りを開いた中国宋の無門慧開(えかい)禅師の「大道門無く、千差路有り。この関を透り得ば、乾坤を独歩せむによる」のように物事に頓着せず、天地に独歩して進む。

 いま一人は、私こと芭蕉である。
僧にもあらず、俗にもあらず。鳥鼠(ちょうそ)の間に名をかうぶり(蝙蝠)の、鳥なき島(鹿島)にも渡ろうと、門から舟に乗って、行徳というところに至る。

 舟から上がれば、馬にものらず、細脛の力(弱い脚力)をためそうと、徒歩で行く。
甲斐の国からある人が送ってくれた檜でつくった笠を、三人それぞれかぶって、八幡(千葉県市川市八幡)という里を過ぎると、釜ケ谷(かまがい:現鎌ケ谷)の原という所に、広い野があった。
まさに「秦甸(しんでん:秦の首都周辺)の一千里」とも言うべきか。はるかに見渡される。
筑波山が向こうに高く、男体山・女体山の二つの峯が並び立っている。
例の、中国に双剣の峯があると聞いているのは、廬山(ろざん:中国江西省にある山、仏教の霊場)の一隅である。

 ゆきは不レ申(まうさず)先(まづ)むらさきのつくばかな
(雪が降りかかっている姿は言うまでも無いが、紫峰といわれる筑波山の姿はまた素晴らしい。)

と詠んだのは、わが門人服部嵐雪の句だ。
いったいこの山は、ヤマトタケルノミコトが最初にお供の老人と連歌したという言葉を伝えて、連歌する人の起源とし(酒折宮での火焚老人の:「新治 筑波を過ぎて 幾夜か寝つる」「日々(かが)並(なべ)て 夜には九夜 日には十日を」の話)、連歌のことを「筑波の道」とも言うのだ。
せっかく筑波山にきて歌を詠まないのはもったいない。句を作らないで通り過ぎるものではない。実に愛すべき山の姿であるなあ。

 筑波山では萩は錦を地に広げたように咲いて、かつて橘為仲が陸奥守から都へ戻る時、宮城野萩を長櫃(ながびつ)に土産として持ち帰ったように、風流なことである。桔梗・女郎花・かるかや・尾花などが乱れあい、牡鹿が妻を慕ってあちこちで鳴くのも、大変趣がある。野の馬が放牧されて、所知ったる顔で群れ歩いているのも、また趣がある。

日がすでに暮れかかるころに、利根川のほとりの布佐という所についた。
この川で鮭をとるために網代を仕掛けて、江戸の市で商売をしている者あり、宵の間にその漁師の家で休んだ。
夜になり、その宿が魚の臭いが生臭く(寝ていられないので)、外の月あかりがくまなく晴れわたっているのにまかせて、夜舟を出発させて川を下り鹿島に至った。

鹿島に着くと、昼から雨がしきりに降って、月を見ることもできない。
山のふもとに、根本寺の前の和尚(仏頂上和尚)が今は世を逃れてこの寺にいらっしゃると聞いて、訪ねていって泊まった。
杜甫が(『古文真宝』にて)「人をして深省を発せしむ」と詠んでいるが、しばらく清らかな心を得た気持ちになった。

しばらく寝て、夜明けの空が少し晴れてきたころ、(仏頂)和尚が人々を起こすと人々は起きてきた。
月の光、雨の音、ただ趣深い景色ばかりが胸に満ちて、句を詠む題材もない。
はるばると月を見にきたのに句が詠めないということは不本意なことだ。
しかし、かの何がしの女(清少納言)だって、ほととぎすの声を聞いたものの、ついに歌を詠まないで帰ってしまったというから、(清少納言)は私にとって心強い味方といえるかもしれない。

   (仏頂和尚の寺にて)
をり/\にかはらぬ空の月かげも
     ちヾのながめは雲のまに/\  和尚(仏頂)
月はやし梢は雨を持ながら    桃青(芭蕉)
寺に寝てまこと顔なる月見哉   同(芭蕉)
雨に寝て竹起かへるつきみかな  曾良
月さびし堂の軒端(のきば)の雨しづく   宗波

   神前(鹿島神宮にて)
此松の実ばえせし代や神の秋   桃青(芭蕉)
ぬぐはヾや石のおましの苔の露  宗波
膝折ルやかしこまり鳴鹿の聲   曾良

   田家(田舎の家にて)
かりかけし田づらのつるや里の秋  桃青(芭蕉)
夜田(よた)かりに我やとはれん里の月   宗波
賎(しず)の子やいねすりかけて月をみる  桃青(芭蕉)
いもの葉や月待里の焼ばたけ    桃青(芭蕉)

   野(まわりの野にて)
もゝひきや一花摺(はなずり)の萩ごろも  ソラ(曾良)
はなの秋草に喰あく野馬哉   仝(曾良)
萩原や一よはやどせ山のいぬ  桃青(芭蕉)

帰路自準の家に宿ス(自準亭:潮来の本間道悦亭)
塒(ねぐら)せよわらほす宿の友すヾめ  主人(自準:道悦)
あきをこめたるくねの指杉(さしすぎ)   客(芭蕉)
月見んと汐引のぼる船とめて  曾良
(貞享四年(1687)八月二十五日)
              (終わり)


鹿島紀行を巡る最初から読むには ⇒ こちらから

鹿島紀行 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2024/03/31 07:53
コメント

管理者のみに表示