fc2ブログ

ギター文化館通り(2)

 以前ブログで、柴間のギター文化館と石岡医師会病院を結ぶ通りを「ギター文化館通り」と勝手に名前をつけたが、たまには宣伝しないと忘れられるので、ことば座公演に行く途中の景色を紹介しておきます。
石岡の街中の人にはほとんどなじみのない通りではないかと思います。
柿岡街道(林地区)と園部-部原-瓦会の通りの間の高台を通っています。
(もともとはこの通りは「宇都宮街道」と呼ばれた通りではないかと勝手に想像しています)

bakushuu01.jpg

途中の麦畑と向こうの山は「龍神山」です。こちらからみると大きく削られたのはあまり分かりません。
麦は今の時期に実るのですね。本当に秋のようです。
「麦秋」の季語教えていただき感謝。

bakushuu03.jpg

 大きくUPしてみると、麦の色はそれ程黄色くないのですが、まとまるとまるで黄金ですね。

guiter03.jpg

途中、竹を矢倉に組んだつる野菜が植えられていました。これは何の野菜でしょうか?
きぬさや?きゅうり? 良くわかりませんが、まるでこの竹の組み方は弓矢作りの天日干しと似ていて少し驚きでした。この時期には竹ばかりが目立つだけですが(笑)

向こうに見える建物はレストラン「ふらの」です。ここのパスタ、そば懐石美味しいですよ。
ここが北海道の富良野の風景に似ているとのことで名付けたようです。

guiter01.jpg

ギター文化館の庭から難台山、愛宕山、鐘転山方面を見たところです。
向こうの煙が見える部落は「山崎」または「部原(へばら):変わった読みですね」の方です。雨でけぶっていましたがここの景色もいいですね。

guiter02.jpg

やはりのんびり落ち着くのはいいですね。都会には無い真の田舎の良さです。
都会からこちらの方に移ってこられる人が結構多いのも頷けます。
ギター文化館はギターの殿堂として大切な建物ですが、一部の方しか知らないようでもあります。
一度この風景を見に来られるのも良いのではないかと思います。
 

街道その他 | コメント(2) | トラックバック(0) | 2011/06/19 09:16
コメント
麦畑
「麦秋とはいつの季節か、答えなさい」という問題が、ありました。実際のテストに出たことはなかったけど、おかげで「麦秋」という言葉を覚えました。
 常磐線の東側、杉の井の小高い丘一面に麦畑があり、中学の頃でしょうか、わざわざ遠回りして、友人と帰りました。(自転車です)
 小学生の頃には、星の宮にも小さな麦畑があり、その中に入って、麦笛を吹いて遊んだ記憶があります。(考えてみると、やってはいけないことだった・・・かも)
 最近麦畑を見なくなったなーと思っていたのですが、石岡に残っていたのですね。私にとっては懐かしい風景です。
 麦秋の頃に帰省することは、めったにないので、残念です・・。
 ついでにいうと「竹の秋」は春。日本語って面白いですね。

 
Re: 麦畑
べあべあ様
本当に麦畑にお目にかからないですね。ほとんどが輸入になったのでしょうか。
今の時期にこの黄金色を見ると何処か違った国に来たような気になります。
それだけ、新鮮です。
夏の季語というのだけれど面白いですね。
星の宮などの地名もだんだんと忘れられないか心配です。
住所表記も変わると、名前が忘れられるようになってしまいます。

言い伝えなども、何か書いたものに残さないとそのうちにわからなくなります。
色々教えていただき感謝です。
 

管理者のみに表示