FC2ブログ

赤レンガ(4)

 今日は高浜に残っている赤レンガを紹介します。
高浜は、江戸から明治期にかけては霞ケ浦の海運業でかなりのにぎわいがあったようで、大変興味がわくのですが、ほとんど手つかずで、何もわかっていません。
しかし、調べだすと面白そうなのだが。
今の高浜からは想像もつかない繁栄ぶりだ。
石岡と同じようにやはり醸造も盛んで、醤油に酒造りはかなりの賑わいを見せていた。
明治の中期の鉄道が開通するまでのにぎわいと、その後の衰退ぶりがあまりにも極端である。
しかし、もし興味を持たれる方がいれば実に面白そうな町だ。
今後の楽しみにして調べても見たいものだ。

高浜神社と白菊酒造さんの間の街道を三叉路をそのまま通りこして、東に進むと、親鸞伝説のある爪書き阿弥陀堂が左に見えます。
すぐその先に「こがね味噌」のお店があり、そこを少し行くと通りの左手にレンガのエントツが残っています。

renga04.jpg

ここは、高浜村の醤油醸造所として大きな工場があったようです。
恐らく「羽成卯兵衛醸造所」があったようです。
高浜の醸造所として調べるとこの羽成さんと「広瀬慶之助醸造=白菊酒造」「笹目八郎兵衛醸造」などの名前が出てきます。

renga03.jpg

この煙突は趣がありますね。是非積極的に遺産として登録して残していただきたいものです。

renga05.jpg

羽成醸造所の塀も一部が残っています。石岡の赤レンガと同じですね。
大々的に醤油を製造していたのですが、皆廃れてしまいました。これは前に書いたとおりです。
しかし、これらの残された建造物は努力をして残さないとダメになってしまいます。

renga06.jpg

このレンガの門など、歴史遺産ですよね。でも何故かそのままです。心配です。
これこそ「アイビースクエア」でしょうか。
この遺産に霞ケ浦の美味しい食べ物などをセットにしてみたいですね。
高浜神社とも当然セットですね。味噌に酒は美味しいのがあります。

hanari.jpg

この写真は「石岡の歴史」(市制30周年記念)P189に掲載されている「羽成卯兵衛醸造場」の写真です。
今常磐線で高浜駅を通る時に、この町から受ける寂しさと、実際にじっくり訪れた時とのギャップはかなり大きいものがあります。
このように知らせる人がもっともっと出てこなければなりません。
高浜の皆さん頑張りましょう。私ももう少し知りたいと思っています。

羽成卯兵衛さんは、醤油の醸造で財をなしましたが、対岸の関川地区にある「八木干拓」の事業にほとんどの私財をなげうってしまったようです。

昔は有徳の方がおられたのですね。こちらは時間があれば又調べてみます。
 

赤レンガ | コメント(9) | トラックバック(0) | 2011/06/24 18:31
コメント
No title
 高浜のことはあまり知りませんが、この場所、何気ない風景の中に、突然レンガの廃墟が現れるので、子供のころに「不思議な場所だな~」と思った覚えがあります。大人になって、たまたまこの場所を通りかかり、子供のころは通過するだけだったので、「もっと近くで見たい」と車から降りて、近辺を散策しました。しかし、これも20年以上前の話です。
 今年の冬に帰省したとき、家の味噌汁が美味しかったので、母に「これって、何処の味噌?」
と尋ねると、「たまには美味しい味噌を買いたいと思って、高浜に行ってきた」とのこと。
 小倉さんですね。一度だけ母と一緒にお店に行ったこともあります。
Re: No title
べあべあ様
私も良く知りませんが、こちらも魅力があるのに忘れられています。
でもアイビースクエアにぴったりですよね。
この魅力がそこにあるのに、だれも気に掛けない。
忘れ去られているような不思議な感覚です。
時が止まってしまったような・・・・。
お味噌も美味しいし、白菊酒造さんのお酒も生酒安くて美味しいです。
最近は医者に忠告されてほとんど飲まなくなっていますので飲んでいないのですが。
昔は好んで飲んだりしていました。
No title
ROMAN様
もう既に遺跡の風情が出てますね。
宮崎アニメのシーンのようです。ラピュタのロボット
が向こうから出てきそうです。

茨城のあちこちが映画、ドラマの撮影に使われていますが、ここはまだ知られてないのでは?
積極的に使ってもらえば、自ずと残す方向に
なるか?
高浜の里山沿いの人家含めてそのまま映画の
舞台のようです。

Re: No title
行徳様
この場所は普通の家といった感じなのですが、この遺跡が残っている。
不思議なんです。
でも何時なくなってもおかしくない。
行政では特に何も手を売っていない感じなのです。
茨城シネマロケ場所として登録された場所を使っているようですが
確かにロケ地としても面白そうです。
残るための工夫も大切なのかもしれません。
醸造の街として遺跡を残す。こんな活動も必要なのかもしれません。
写真に撮ると素敵ですよね。
写真家にモデルの撮影にでも使ってもらう?
天空の城のモデル? 誰が似合いますかね。
No title
ROMAN様
小雪さんでしょうか?

茨城出身とのことで、栗山千明さんも良いですね。古風な顔立ちにも見えますし。

男性では、JINに出ている内野さんあたりにビール
でも飲んでもらうと絵になりそうな。
いづみ荘
高浜と言えばいづみ荘さんがありますね。
ここのうなぎはじめなんでもおいしいです。
霞ヶ浦も近く、釣り好きな方が泊まられている
そうですが、もっと知られて良いお店かと思います。

こちらに泊まって、撮影場所のハンティングも可能でしょうし、
こういうレンガの遺跡や神社、里山などの散策コースを辿るの
も良いでしょう。

いずれも地元では当たり前で価値を忘れているかもしりません
が、都市住民にはとても新鮮なのだから、もっといろいろな物
を繋いでパッケージにしてアピールすれば魅力が増すでしょうに。

Re: いづみ荘
行徳様
いづみ荘さんもいいですね。
泊まっても安くて、料理も美味しいそうですね。
前回も前まで行きましたが食事はまだしていません。
昼時でもなかったし、一人で入っていくには少し抵抗ありました。
名前は前から聞いていました。
こんど食べたらレポートします。
No title
(教科書によると)
豪商で私財を投じ高浜の干拓を行った
羽成卯兵衛の曾孫です。
今県西部に住んでいます。

子供の頃、醤油工場跡でよく遊んでいました。
暗くて涼しくて広くて夏には最高の遊び場でした!

また門跡ですが、
当時は隠居の門で業者さんを接待したところで
戦争の時は、陸軍の野田 中将閣下がよくここに
お寄りになったそうです。

夏ここに蚊帳をつってお化けの話をしたのを覚えています。
古き良い時代の話です。

貴重な写真ありがとうございました。





お便りありがとうございます。
こんばんは。

> 羽成卯兵衛の曾孫です。
> 今県西部に住んでいます。

とても嬉しく思います。
今の高浜からは想像できないですが、霞ヶ浦水運が盛んな時は
大きく商売をされていたのだと思います。
この八木干拓には最近も見に行っています。
現在土手を整備工事中でした。
また干拓に東橋に県知事さんの書かれた石碑が建っていました。

かなりの難工事だったようです。杭がみな流され、苦労されて、今では考えられないのですが
日本もその頃は食糧難だったのです。先達の方々の努力を忘れずにいたいものです。

しかしこの写真も震災前に撮ったもので、地震でレンガ(門)はかなりヒビが入っていました。
今はどうされたか心配です。

貴重な思い出話ありがとうございました。
またブログに遊びにおいでください。

管理者のみに表示