fc2ブログ

赤レンガ(5)

 石岡と高浜で4件の赤レンガの場所を紹介しましたが、きっともっとあるのでしょうね。
明治時代は「醸造の町」として有名だったはずなのに、全国では数か所で製糸場の産業跡地をを世界遺産にする動きもあるのに、今の石岡には特に見るべきものは無いのでしょうか?

少なくても現状で残っている設備や建物を市として記録登録して残すことに力を入れてほしいです。

さて、レンガではないですが、同じように郷愁をそそられる趣を感じられる蔦の絡まった建物を2か所紹介します。アイビースクエアとしてはこちらも欠かせませんね。

tsuta01.jpg

ここは、昨日書いた高浜の「羽成醸造場」の倉庫?でしょうか?
石岡側から行って通りの右側です。初夏には蔦が緑でいっぱいになります。

hanariS.jpg 秋にはこんな感じとなります。

tsuta02.jpg

ここは石岡の八間通り沿いの水戸信金手前の建物です。
今は商売をされていないようですが、シャッターを見ると自転車やバイクの絵が描かれています。
もとはどんな商売をされていたところでしょうか。
この蔦は倉敷の「アイビースクエア」のホテルのイメージにぴったりですね。

石岡には要素は全て揃っています。バラバラでは魅力がないので、どのように束ねてアレンジするか?
これから楽しみですね。
他所から来られた方のブログなどで、石岡はもう寂れた過去の街のような書き方がチラホラありますが、この魅力が伝わっていないだけなのです。

石岡は他の「小江戸」などを売り物にした観光地に比べ歴史が古すぎる?のです。
歴史をたどると1300年の奈良の都よりはるか太古にまでさかのぼれるのです。
これに興味を持たれる方もたくさんいるのですが、このまま花開かない硬いつぼみのままで終わるのでしょうか。

情報の発信にはいろいろな方法があるはずです。何もしないのは最悪。近隣の市町村と比べて論じるのもそれに次いでダメ。いろいろな方法で独自の文化を発信していきましょう。
  

赤レンガ | コメント(0) | トラックバック(0) | 2011/06/25 12:58
コメント

管理者のみに表示