fc2ブログ

筑波山の夕景(2)

 7月14日 本当に暑くなりましたね。先ほどの夕景は昨日のものですが、今日も撮ってきました。

tsukuba001.jpg

今日は夏の太陽ですね。6時半でもまだギラギラしていました。。太陽が沈む方向はまだ山の北側です。

tsukuba002.jpg

東からは薄らと月が・・・。 
でも外がまだ明るいので月は白っぽく見えますが、日が沈むと黄色くなります。

tsukuba003.jpg

もうすぐ沈みます。6時35分頃撮影

ryuujinnyama.jpg

 頂上が削られてしまった龍神山が右側です。
それに続くように台地が広がりますが、これは「宮平遺跡」の場所です。
時代は旧石器時代(紀元前11000年?)
その頃この撮影場所あたりは流海(霞ケ浦)の水の下だったのでしょうか。
時の流れを感じませんか? こんな身近に1万年前に人類が住んでいたらしいなんて・・・。
 

恋瀬川と筑波山 | コメント(3) | トラックバック(0) | 2011/07/14 19:58
コメント
No title
こんばんは。筑波山と夕日とてもきれいです。実は家の近く、常磐道友部サービスエリア近くや、その先の県道16号からも筑波山が見えるんです。昔の人はもっとあちこちから見える筑波山を誇りに思っていたと思います。Romanさんの記事を読んでいるともっと自分もこの地の歴史を知りたいと思います。これからもよろしくお願いします。
おっさんネタ
皆様
おっさんネタです。
石岡から見た筑波山は横から見た寝転んだ女性の
胸。
土浦あたりから見るのは、上ないし下から見た
それ。
色気ついた頃というより、大人になりそれなり色々
知った頃にそう思うようになりました。
で、それを前提とすると、霞ヶ浦の位置と形が
また微妙ですね。
そういうわけで以前ROMAN様に紹介頂いた啄木の
艶っぽい歌(女体男体)には思わずにやりとしま
した。
お写真見て、改めて良い形です。
歌垣の地というのもなるほど、ここは将に女神の土地で、
歴史の事実は横に置いて、恋瀬側という艶っぽい
名前もしっくりするかと。
失礼致しました。シモ手前と言うことで。
Re: No title
Troyさん 今晩は。
そうですか。友部の方から見ると山は1つでしょうか。
男体、女体が一つに重なって・・・
時々こうして筑波山を眺めることがあります。
この辺りから見る容が好きです。
>Romanさんの記事を読んでいるともっと自分もこの地の歴史を知りたいと思います。
・・・にわか歴史好きですので、根性無しです。
知ったことをさも知っていたかのように書く。これもまた素人の良さ??
これからもコメントよろしくお願いします。
そちらの写真も又楽しませてもらいます。

管理者のみに表示