fc2ブログ

佐久良東雄の生家

 先日、雨が上がった後すぐに常陸風土記の丘を訪れた。
そして、入口にある曲屋という江戸時代にできたといわれる古民家の藁葺屋根に日が当って一気に蒸気が立ち昇っていました。
これを見ていたら八郷地区の柿岡手前にある佐久良東雄の生家をまた訪ねてみたくなりました。
何故? 特に理由はありません。なんとなくです。

佐久良東雄(さくらあずまお)という人をご存知ですか?
私は石岡に来るまで知りませんでした。
もっとも、桜田門外の変や安政の大獄などの言葉は知っていても具体的な内容はあまり興味もなかったと思います。
詳しく知りたい方は調べてみてください。

墓は若い時に住職をしていた(先日紹介した)土浦市真鍋にある善応寺にあります。
名前の佐久良は桜です。
東雄というのも如何にも「日本男子ここにあり」といった名前の付け方ですね。
本名は飯島吉兵衛というそうです。

sakuraazuma01.jpg

この生家の門は立派な藁葺の屋根がついた門です。
今は門の隣りに説明看板と桜田門外の変の映画の旗が置かれていました。

sakuraazuma03.jpg

旧八郷地区には、このような藁葺(茅葺)古民家がたくさん残っています。
一度訪ね歩くのもいいかもしれません。今でもほとんどは生活で使われている民家です。

sakuraazuma02.jpg

まわりはのんびりとした雰囲気が漂います。よくある田舎の風景です。
家の隣に見学者用の駐車場があります(石岡では珍しいです)。

sakuraazuma04.jpg


 


八郷地区 | コメント(6) | トラックバック(0) | 2011/08/08 18:32
コメント
No title
こんにちは、

この軒の色が超素敵です!
のこのこ出かけちゃいそう(≧▽≦)ノ
Re: No title
kurokenさん
やはり目のつけどころがいいですね。
この石岡の八郷地方や志筑の民家などで茅葺の見事なところがたくさんあります。
筑波流の茅葺のやり方は独特の模様がきれいです。
No title
こんなところで撮っていたら一日のんびりできそうですね。
茅葺きって裏から見ると手が込んでいて芸術に見えます。
夏涼しくて冬は暖かいのですよね。。。
Re: No title
ララさん
今晩は。本当にのんびりしますよ。
茅葺の模様はきれいなので感心します。芸術品ですね。
> 夏涼しくて冬は暖かいのですよね。。。
昔はどこもたくさんありましたね。新潟も雪深い里では皆茅葺屋根が多かったです。
しかし、今はこの職人と材料が少なくなって維持するのが大変だそうです。
この地区には保存会があります。
No title
おはようございます。
佐久良東雄の生家は一度行ってみたいので、足が治ったら予定に入れておきます。かやぶきの民家は好きです。八郷は多いと聞いているので調べて訪ねてみたいです。
Re: No title
troyさん
佐久良東雄の生家の門の屋根が最近葺き直されたようできれいです。
2~3年たつと、茅の色があせてきたり、先が欠けてきたりできれいなものを写真に撮られるなら
場所を選んで行かれた方が良いようです。
八郷地区はたくさんあり、保存会などもあるようですので調べることはできると思います。

管理者のみに表示