fc2ブログ

瀬戸井街道(1)-山崎宿

 さて、今日の記事は江戸時代に筑波詣で栄えた瀬戸井街道に関するものです。

 江戸時代に江戸から見て鬼門(東北)方向に当たるとして、徳川家からの保護を受けて、筑波詣でが盛んに行われました。
このため、筑波への道が各地に造られ、特に水戸から筑波と群馬県の瀬戸井(邑楽郡千代田町瀬戸井)を結ぶ28里(112km)にも及ぶ街道(瀬戸井街道)が巡礼道、物資運搬道として発達していきました。

setoikaido.jpg


しかし、この瀬戸井街道は現在あちこちが寸断され、1本の道としてはわからなくなっています。
水戸から岩間までは県道30号線、筑波(北条)から古河までは国道125号線がほぼこのルートでした。

主なルートは水戸-鯉渕-住吉-泉(岩間)-山崎-柿岡-小幡-(風返峠)-北条-高道祖-下妻-八町-諸川-小堤-古河-瀬戸井(古河-瀬戸井間は利根川が流れており舟運かもしれません)
街道に名前がついた「瀬戸井」も小さな町です。

日光への街道と、この筑波への街道とが大きな意味を持っていたのでしょう。
今の私達が見失っているものなのかもしれません。

この瀬戸井街道が、ここ石岡市の旧八郷地区を横切るように走っています。
水戸の城下から筑波にお参りに行く最短ルートだったようです。

「八郷町史」では、水戸から岩間を通り、真家・厚毛峠・山崎・部原(へばら)・柿岡・小幡・風返峠・北条と続いていたと書かれています。
しかし利用されたのは江戸期であり、明治・大正と徐々に一部は使われなくなり、消えて行ったため道も寸断されてしまいわからなくなっている所も多くあるようです。

特に柿岡から山崎、泉(岩間)の道ははっきりしません。

また「厚毛峠」とありますが、地図には出てきません。地図にあるのは「厚茂峠(あつもとうげ)」で、この峠は部原(へばら)部落に近いため、違うかもしれません。

昨年ブログで「矢口家の鹿子の木(こちら)」を紹介したのですが、もしこの道が瀬戸井街道の一部とすると、この山崎の宿場を通るとまわり道になります。

もう少し調べてみないと、私には瀬戸井街道はどのルートであったのかがわかりません。

yamazaki01.jpg

バス停の名前が「山崎宿」と宿場であった名前をとどめています。
「山崎」の地名はこの周辺にかなり広く使われていますが、「宿」がつくのはここですので間違いないでしょう。
でもバスは1時間に1本もありません。都会では考えられないですね。

yamazaki02.jpg

この通りに沿って立派な長屋門や屋敷が並びます。一部地震の被害も見受けます。

yamazaki03.jpg

こういった立派な門は門の中は納屋や使用人が寝泊まりできたようです。

yamazaki04.jpg

門だけで普通の家よりも立派ですね。でも屋根が瓦になったのはもっと後かもしれません。
八郷地区には長屋門に茅葺のものがいくつか残されています。
何時か調べてみたいとも思いますが、こちらは保存会もありますのでとりあえずはそちらに譲りましょう。

yamazaki05.jpg

yamazaki06.jpg

門の軒は立派な木組です。思わずパチリと・・・。

柿岡、小幡などはこの後発展を遂げ、宿場としても大きくなっていったようですが、ここ山崎宿は比較的小さな宿場だったようです。

しかし、歴史に忘れられていくのは悲しいですね。
地元の人がその面影を残して頑張っておられますので記録に撮っておきましょう。


  

瀬戸井街道 | コメント(6) | トラックバック(0) | 2011/08/14 18:16
コメント
No title
こんばんは。地図に柴間と書いてあるので6月にギター文化館に行ったとき355から曲がっていきましたが途中古い感じの家がありましたがあの変でしょうか?知らないうちにとおっていたのかもしれません。
ところで私は岩間街道近くに住んでいて、住吉に宿場があったのは知ってましたが、初めてその名が出てきたので、ちょっとうれしくなりました。もっとご存知のことがあれば教えてもらいたいです。よろしく
Re: No title
troyさん 今晩は。

> 6月にギター文化館・・・中古い感じの家がありました・・・

ギター文化館に来られたのですか。ギター文化館が少し高台にありますが、1本北側を通っている昔の瓦会の道側です。通られたのかもしれませんね。
この辺りを走られる人はあまりいませんね。
国分寺の瓦を焼いた窯跡が残っています。

> 私は岩間街道近くに住んでいて、住吉に宿場があったのは知ってましたが・・・もっとご存知のことがあれば教えてもらいたいです。

逆に教えてもらいたいですよ。この岩間街道(30号線)は私も昔よく水戸に行く時に途中から通って歴史館の横を通って50号線に出ていました。最近はあまり通らないのですが。
旧355号線も笠間市の観光案内では「江戸街道」とでており、宍戸を通っています。
もう少しこのように教えていただければ調べるネタができます。興味が出てきました。

岩間の愛宕山も信仰対象ですね。岩間からこの山崎への道があったのでしょうね。
いまではちょっとわからなくなっています。また調べて何か分かれば報告します。
No title
おはようございます。
足跡の方から二度目の訪問になります。
タイムスリップしたような気分で拝見しました。
こういった街並みがところどころ残っているのはとても貴重ですね。
じっくり見てみたいと同時に、当時の暮らしのことなど知りたくなりました。
Re: No title
ふみりんさん
こんにちは。
世の中お盆休みですね。
毎日暑いですね。いつになったら涼しくなるのでしょう。
> タイムスリップしたような気分で拝見しました。
・・・ありがとうございます。のどかなところですよ。
こんな昔からの小さな宿場などももう少し見て楽しむ余裕がほしいで~す。

> じっくり見てみたいと同時に、当時の暮らしのことなど知りたくなりました。
・・・そのように思えたならとてもうれしいことです。
また遊びに来てください。
風返峠
俳句の会で風返峠を吟行しました。この記事の抜粋コピー(いつもながら事前の御了解も得ず、失礼をお許し下さい)を俳友の仲間に配付しました。部原地区付近に在住する俳友もいて、皆、興味深く読んでもらえました。おかげさまで有難うございます。
korei様
いつもありがとうございます。
私に記事がこうしてお使いいただけるのは嬉しい限りです。
瀬戸井街道は知られていませんが興味深かったですね。
お写真を拝見したら天気もよさそうで良かったですね。
ここは子授け地蔵の場所でしょうか。

勝手ながらGooのブログをリンクに追加させていただきました。
ご了承ください。

管理者のみに表示