fc2ブログ

風土記の丘(近況)

 昨日の昼間はジリジリ・ムシムシあまりの暑さに緑の多いところを求めて常陸風土記の丘に行ってきました。
自宅から比較的近いし、この時季平日ならほとんど人はいません。
公園の入口付近はソメイヨシノの桜の木が茂っており、やはり2~3度は低そうです。
吹く風も気持がよいです。

まだ金山池には古代ハス(大賀ハス)の花がすこし、ピークを過ぎたとはいえ暑い中にもピンクの大輪を咲かせていました。
ハスの花は前にUPし、昨日の花は暑さに何処か花も元気なく見えたので撮影はしませんでした。

入口で5月には藤色とともに真っ白な花を咲かせていた藤棚には「藤の実」がたくさん垂れ下がっています。

fujinomi01.jpg

藤の実はさやエンドウに似ていますが、実は硬くてまるい「おはじき」のような黒っぽい実です。
食べられるようですが食べたことはありません。

fujinomi02.jpg

夏休みですね。子供がセミとりに・・・・。

semitori01.jpg

「いたいた、あそこ、届かない。じっちゃんとって!」
「あゝ、逃げちゃった。じっちゃんまた逃がした。」
じいさん、お孫さんの相手も大変ですね。
私も何時こんなことになるやら。

semitori02.jpg

「お兄ちゃん、セミ捕まえて。あそにミンミンゼミが鳴いているよ」
「高くて届かないよ」「ニイニイぜみやアブラゼミでもいい?」
「ヒグラシいないかな」
「ヒグラシは夕方にしか鳴かないよ」
こんな会話をしたのはもう55年以上も前のことです。
私は男2人兄弟の末っ子です。

semitori03.jpg

昔は虫取り網などはなく、竹を切った先に針金でつくった輪をくくりつけて、朝早く露に濡れた蜘蛛の巣をまきつけて、これでセミを採ります。網でとるより逃がす確率は断然低いです。
いまはこんなもので採っている子供は見かけませんし、虫とり自体もあまり見かけませんね。
私がセミ取りに夢中になったのは横浜です。八聖殿の山は今も蝉がいるのでしょうか?
どこか懐かしい風景でした。

夜になったら雷雨で大変でした。これで涼しくなったのですが、真夜中には大きな余震が・・・。
まだまだ安心できないですね。
  

風土記の丘近辺 | コメント(2) | トラックバック(0) | 2011/08/12 18:15
コメント
No title
Romanさんこんばんは。
昨日の雷雨すごかったですね!石岡で落雷があり民家が全焼と新聞に書いてありました。Romanさんのところは大丈夫でしたか。いろいろ心配が付きません。
ところで私は生まれも育ちも横浜です。
神奈川大学の近くです。
Romanさんが横浜に住んでいらっしゃったことはとても親近感を持ってました。コメントしなくてもいいようなことですが、これからもよろしくお願いしますl。
Re: No title
troyさん
今晩は。昨日ははすごかったです。雷が近くで連発。
あわててパソコンのスイッチを切ってしまいました。
しかし停電はなかったです。また真夜中にも・・・。
石岡で雷で火事とは聞いていませんでした。この辺だけだったのですね。

> ところで私は生まれも育ちも横浜です。神奈川大学の近くです。
そうですか。六角橋ですか?親戚が神奈川大に行っていました。
私がいたのは本牧です。三渓園に歩いて行けるくらいのところです。
しかし、2,3歳から小学1年生までの数年間だけですが懐かしいですね。

こちらこそよろしくお願いします。早く足がなおりますように!

管理者のみに表示