fc2ブログ

石岡のおまつり(10)-明神神輿宮出し

 まつり2日目の午後二時頃から総社の境内で「明神神輿宮出し」が行なわれます。
一般の見物客の方はほとんどが知らない方が多いと思います。
この頃街中ではおまつり2日目がスタートされ、屋台も開店しますので多くの見物客はそちらに行っています。
また、午後3時には駅前通りにて幌獅子パレードが行なわれますので、それを待っている方が多いですね。

さてこの「明神神輿」って何でしょう?
初日に本神輿が、総社宮の神様をのせて御仮屋に行ってしまっています。
2日目は本神輿も神様も年番の町の御仮屋にあります。

しかし、神様はここ総社宮にも残っています。
神様は自分の身を分身させて本神楽に乗り移っています。

明神神輿は本神輿を修理するために一時使えない時があったので、その代役として造られた一回り小さい神輿です。
いつもは本神輿と明神神輿の2つは総社の境内に保管されています。
従って、本神輿を宮出ししたので、もう一つの明神神輿も宮出しするのです。
 
mikoshi01.jpg

昼から、明神神輿を境内に出します。

mikoshi02.jpg

神輿に飾り付けを行ないます。お祭りの町内会の代表などで行なうようです。

mikoshi03.jpg

開始時刻が近付くと、1台の幌獅子(頭に獅子頭で後ろに車のついた荷台に2色の縞模様の幌をかぶせたもの)がやってきました。
この幌の模様は「仲之内町の幌獅子」ですね。

mikoshi04.jpg

もう一匹の幌獅子がやってきて、総社の拝殿で祈願を済ませました。
この拝殿は狭いので、大きな獅子が拝殿で舞うのは結構大変です。
こちらの獅子は県の民俗文化財にも指定されている「土橋町の幌獅子」のようです。
「土橋町」も「仲之内町」の幌獅子どちらも神輿の露払の役目を担っている獅子です。

mikoshi05.jpg

いよいよ神輿に神様が移られる儀式が行なわれます。
白い幕で覆われて、神様は総社本殿から神主に伴われてやってきました。
見ていると、神主が中に入り、神様をおうつしするのですが、これは何処の神社でもたまに行なわれるように、「ウーウー」という唸り声が発せられます。(本神輿でも1日目に行なわれていると思います)
(まだ見たことのない方は、人も少ないので、2日目は良く見られます)

mikoshi06.jpg

最後に神主の祝詞が読まれます。

mikoshi07.jpg

この明神神輿はこの後、幌獅子とともに、町を練り歩き夕方戻ってくるようです。
戻ったところは確認していません。またはじめと同じような儀式が行なわれるのでしょう。

mikoshi001.jpg

この明神神輿は翌日見たらちゃんと元に格納されていました。

では次回は、この後に神社の舞台で行なわれる「巫女舞い」を紹介します。お楽しみ。
 
 

石岡のおまつり | コメント(2) | トラックバック(0) | 2011/09/04 18:31
コメント
No title
こんばんは

報告します:
「おっしゃい隊」をやめて
「巫女舞い」にします(明日の写真楽しみ)www
Re: No title
巫女舞のNINAさま

こんばんは
明日2本載せます。
2本目は400年も前から伝わっているという染谷十二座神楽ですが、
ここで踊られる小学校の女の子の巫女さんが可愛いのです。
ではお楽しみに!

管理者のみに表示